熱帯・亜熱帯にしかいないはずのタコが捕獲…またもや温暖化の影響か?

[ 2013/11/29 ]


11月27日、和歌山県すさみ町沖にて本州ではめずらしい「カクレダコ」が捕獲された。熱帯や亜熱帯地域にしか生息していないはずの種類であり、本州で捕獲したのはこれが初めてとのこと。
(参照:地球温暖化の影響でツバルが危機的水不足 政府が非常事態宣言を発令

4003984223_092021e1de

photo by hagoromogumi

捕獲されたのは、11月27日の朝。地元の漁師が、海に仕掛けたエビの網を回収している最中、珍種に驚いてすさみ町の水族館へと持ち込んだのがきっかけ。専門家が調査した結果、カクレダコであることが判明した。本来は、太平洋からインド洋の熱帯・亜熱帯地域にしか生息しない種類と言われており、このタコが和歌山県で発見されることはとても珍しい。まだ生態もほとんど知られておらず、今後の研究対象として大いに期待されている。

今回のカクレダコは約20センチであり、太平洋で見られるものよりもかなり小さめと言われている。普段は、薄いクリーム色をしているが、擬態能力があり、餌のオキアミを食べる際や興奮時に身体の色を自ら変える。赤褐色や岩の表面に似た姿になって景色に溶け込み、エビやカニなどを狙う際にもカモフラージュすることが可能。この能力がきっかけで、カクレダコという名がついた。


関連する記事

アーカイブス

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR