ペットボトル飲料から、水道水へ! 水道水利用促進キャンペーン「水Do!」開催中

[ 2010/08/12 ]


ペットボトルなどの容器に入った水やお茶を飲むことが当たり前になったのはいつからだろうか。一昔前までは、飲み水を買うという行為は、外国の話だった。しかし今では、多くの人が当たり前に飲んでいる状況だ。知っているだろうか?このペットボトルなどの容器に入った飲料のライフサイクルで発生するCO2は水道水の数10倍であることを--


国際環境NGO FoE Japan(フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)水道水利用促進キャンペーン「水Do!」(スイ・ドゥ)を展開中だ。ペットボトルから水道水へという趣旨で、水道水の利用を推進するキャンペーンだ。水道水の利用により、CO2、ご み、そして社会的なコストの削減が可能となる。ペットボトルから水道水へという運動は、環境問題への取り組みとして、世界的な広がりを見せている。世界各国の有力な自治体では、ペットボトル飲料ではなく、水道水を推進する運動が広がってきている。2008年、ニューヨーク州から、始まった 「TAP ITキャンペーン」は今では全米に広がっている。これは、水筒持参者に無料で給水サービスを提供するカフェ、食堂のネットワークだ。

「水Do!」(スイ・ドゥ)キャンペーンは、3つのスローガンを中心に運動を展開している。「自治体の率先した行動を広げよう」「街のオアシスを増やそう」「あなたも水Do!」の3つだ。

「自治体の率先した行動を広げよう」という運動は、国際的なトレンドでもある。自分たちも、水道水利用促進のため、自治体が率先してペットボトルなどの使い捨て容器を使う飲料の削減に取り組むこと。また、そのために 自分の住んでいる自治体へ声を届けようという運動を提案している。

「街のオアシスを増やそう」という運動は、街中で、気軽に利用できる水飲み場 や、マイボトルに給水してくれるカフェなど「街のオアシス」を増やしてくように、活動することを提案している。 給水所については、「こんなところにあったらいいのに」というところには、設置を働きかけてみる運動を提案している。

「あなたも水Do!」という運動は、ペットボトル飲料などの使い捨て容器に入った飲料ではなく、手軽な水道水を生活の中に取り入れた、豊かで快適なくらしを提案している。


今年は記録的な猛暑の中、まだまだ暑い日が続きそうだ。ペットボトル飲料の消費も増加するだろう。しかし、これからは、環境コストを考え、一人一人が、水道水を上手に使って快適にすごす知恵を持つことが、自分たちの環境を守るために必要なことの一つになる。


関連する記事

アーカイブス

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR