固体高分子型燃料電池の白金触媒、今後の開発は周辺の水分子最適化がカギに

[ 2013/12/20 ]


スタンフォード大学により設立されたSLAC国立加速器研究所の小笠原寛人スタッフサイエンティスト、イエンス・ネルスコフ教授、アンダース・ニルソン教授らが共同で行った研究で、燃料電池の性能向上のカギは、触媒として使用されている白金周辺の水分量であることが明らかになった。12月18日発行の英オンライン科学誌「Nature Communications」に掲載されている。(参照:水で発電できる水素燃料電池内蔵のポータブル充電器「myFC POWERCHARGER」発売

SLAC

image from SLAC国立加速器研究所

固体高分子型燃料電池は、自動車や携帯機器向けに開発が進んでいるが、正極の酸素還元反応の触媒活性が低く、貴金属である触媒の白金使用量が大きな課題となっている。また、この化学反応の詳細な分子機構が解明されておらず、問題解決に向けての大きな障害になっていた。

今回の研究では、軟エックス線高輝度放射光を用いた光電子分光実験装置を使用して、酸化還元反応中の正極を観測し、反応中間体の挙動が調べられた。その結果、水分子と結合した水酸基と結合していない水酸基が共存していることが明らかになった。加えて、電子状態の計算により、非水和水酸基経由の高活性な酸素還元反応経路と、水和水酸基経由の低活性な酸素還元反応経路の2種類の反応が存在することもわかった。

今後は、この研究結果をもとに、燃料電池の性能向上と白金使用量低減による低コスト化実現にむけて、白金触媒近くの水分量による酸素還元反応経路を分子レベルで最適化することが開発のカギとなるとみられている。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR