固体高分子型燃料電池の白金触媒、今後の開発は周辺の水分子最適化がカギに

[ 2013/12/20 ]


スタンフォード大学により設立されたSLAC国立加速器研究所の小笠原寛人スタッフサイエンティスト、イエンス・ネルスコフ教授、アンダース・ニルソン教授らが共同で行った研究で、燃料電池の性能向上のカギは、触媒として使用されている白金周辺の水分量であることが明らかになった。12月18日発行の英オンライン科学誌「Nature Communications」に掲載されている。(参照:水で発電できる水素燃料電池内蔵のポータブル充電器「myFC POWERCHARGER」発売

SLAC

image from SLAC国立加速器研究所

固体高分子型燃料電池は、自動車や携帯機器向けに開発が進んでいるが、正極の酸素還元反応の触媒活性が低く、貴金属である触媒の白金使用量が大きな課題となっている。また、この化学反応の詳細な分子機構が解明されておらず、問題解決に向けての大きな障害になっていた。

今回の研究では、軟エックス線高輝度放射光を用いた光電子分光実験装置を使用して、酸化還元反応中の正極を観測し、反応中間体の挙動が調べられた。その結果、水分子と結合した水酸基と結合していない水酸基が共存していることが明らかになった。加えて、電子状態の計算により、非水和水酸基経由の高活性な酸素還元反応経路と、水和水酸基経由の低活性な酸素還元反応経路の2種類の反応が存在することもわかった。

今後は、この研究結果をもとに、燃料電池の性能向上と白金使用量低減による低コスト化実現にむけて、白金触媒近くの水分量による酸素還元反応経路を分子レベルで最適化することが開発のカギとなるとみられている。


関連する記事

アーカイブス

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書まとめる

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書で世界の水供給についてまとめる (参照:IWA世界会議 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR