固体高分子型燃料電池の白金触媒、今後の開発は周辺の水分子最適化がカギに

[ 2013/12/20 ]


スタンフォード大学により設立されたSLAC国立加速器研究所の小笠原寛人スタッフサイエンティスト、イエンス・ネルスコフ教授、アンダース・ニルソン教授らが共同で行った研究で、燃料電池の性能向上のカギは、触媒として使用されている白金周辺の水分量であることが明らかになった。12月18日発行の英オンライン科学誌「Nature Communications」に掲載されている。(参照:水で発電できる水素燃料電池内蔵のポータブル充電器「myFC POWERCHARGER」発売

SLAC

image from SLAC国立加速器研究所

固体高分子型燃料電池は、自動車や携帯機器向けに開発が進んでいるが、正極の酸素還元反応の触媒活性が低く、貴金属である触媒の白金使用量が大きな課題となっている。また、この化学反応の詳細な分子機構が解明されておらず、問題解決に向けての大きな障害になっていた。

今回の研究では、軟エックス線高輝度放射光を用いた光電子分光実験装置を使用して、酸化還元反応中の正極を観測し、反応中間体の挙動が調べられた。その結果、水分子と結合した水酸基と結合していない水酸基が共存していることが明らかになった。加えて、電子状態の計算により、非水和水酸基経由の高活性な酸素還元反応経路と、水和水酸基経由の低活性な酸素還元反応経路の2種類の反応が存在することもわかった。

今後は、この研究結果をもとに、燃料電池の性能向上と白金使用量低減による低コスト化実現にむけて、白金触媒近くの水分量による酸素還元反応経路を分子レベルで最適化することが開発のカギとなるとみられている。


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR