アジアの大河で、水資源争奪戦? 中国のダム開発、インド、タイなど流域国と対立

[ 2010/08/16 ]


チベットからインドバングラデシュに流れるブラマプトラ川。この国境をまたぐアジアの大河で、水資源争奪戦が発生しそうな気配だ。「ブラマプトラ川上流で中国がダムを建設中」とインド紙が1面トップで報じたのは、2009年10月。このダムの建設が人工衛星で着工が確認された。

中国は、5基のダム建設計画が進んでいることを認めた。ただし、水力発電用のダムであり、常時放水するため下流域の水源に影響はないと説明している。

しかし、中国の思惑で下流域の水量をコントロールされてしまう可能性があるとインドは警戒感を高める。中国インドは、1962年に中印国境紛争を起しているのだからインドの警戒感も理解できる。インド国内の研究者からは「中国が水という武器を手にした」という論調も出てきた。また、インドの警戒感はダム建設にとどまらない。インド国内では「「中国はブラマプトラ川の水を、自国へ引き込もうとしているのではないか」という指摘もでている。

この指摘の根拠は、中国が進める「南水北調」計画だ。水資源の豊かな中国南部の水資源を、水不足の北部に送る計画だ。現状では国内河川から取水するとしている。しかし、国外を流れる河川からも取水する案がくすぶる状況でもある。そうなれば水資源が奪われる、とインド側は警戒している。

英国国防省の2007年の報告書も水問題は、軍事行動や人口移動を誘発する可能性を高める。中国ブラマプトラ川の流れを変えようとすれば、リスクは大きい」とこの問題を取り上げている。

中国インドは、雨期に水利情報を交換する覚書を結んでいるが、インド外務省では、ブラマプトラ川の開発問題を協議するため、河川協定も必要になると語っている。

中国インドのような構図は、アジア各地に見て取れる。メコン川は過去50年で最低の水位を観測。流域国であるタイベトナムは農業や漁業などに被害を受けた。タイ国内では、メコン川の水位の低さを中国のダム建設によるものだとする非難の声が多い。同じチベットから流れるタンルウィン川は、ダムが少ないから水位が高いと主張する。

実際にメコン川上流の中国雲南省では、国内の電力需要をまかなうため、巨大ダムの建設ラッシュが続いている。茶の産地として有名なプーアル市では、大型の原発5基分にあたる550万キロワットの水力発電ダムの工事が進む。糯扎渡(ヌオツァートゥー)ダムの貯水量は、日本一の徳山ダム(岐阜県)の30倍以上。流域最大の発電所になる。

これを含めて15のダムをつくる計画で、10年後の総発電容量は2500万キロワット。世界一の三峡ダムを上回る。国境をまたぎ流れる河の水資源争奪戦は、アジアの安全保障の課題になりつつある。


関連する記事

アーカイブス

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで

2020年世界水週間 COVID-19により開催中止 (参照:2020年ストックホルム水大賞 ジョン・チェリー [&he・・・

記事全文

八ッ場ダム 水陸両用バス納車 両用バス群馬県初導入

八ッ場ダム 群馬県水陸両用バス初導入 納車完了 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR