災害時の飲料水確保に 静岡県が地域に眠っている井戸をデータベース化

[ 2010/08/18 ]


災害時に重要なことは、安全な飲料水をどう確保するかだ。静岡県危機管理部は地域に眠る井戸をデータベース化する。個人所有の古井戸や、通常は眠っている井戸を含め、調査を実施する。その調査を通じて、整備中の「防災データベースシステム」に登録する。静岡県では、データベースに登録する井戸は、通常は眠っている井戸でも 災害時には飲料水を供給できるよう、年1回程度の水質検査を義務づける方針だ。

防災データベースシステムには現在、避難所、救護所、ヘリポート、緊急輸送用道路、といった情報がデータベース化されている。静岡県はここに、個人所有の古井戸飲料水と兼用の防火用貯水槽、市町や自主防災組織が管理する防火用井戸のうち飲料水として使用できるものの情報を追加登録する。

静岡県には、富士山の湧水や安倍川の伏流水など豊かな水資源があり、「自然の恵みを利用しないのはもったいないと考えた」と静岡県危機管理部の危機管理監は話す。

静岡県危機管理部によると、静岡県には飲料水兼用の貯水槽が約8千基、防火用井戸は約2500基が整備されている。だが、個人が管理する井戸は「全く見当がつかない」という。データベース化によって、こうした眠っている井戸を有効活用したい考えだ。

さらに、データベース化すれば、地域の自主防災組織だけでなく自衛隊や海上保安庁といった関係機関との間で情報共有が可能になる。これにより、災害時の支援の迅速化も期待できるという。更に、普段は眠っている井戸でもいざというときに使えるようにすることは、新たな災害用の貯水タンクを新設するよりも予算がかからないというメリットもある。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR