乾杯は地元のお酒で 日本全国の自治体が次々に制定 広がる日本酒で乾杯条例!

[ 2014/01/24 ]


清酒や焼酎など、地元のお酒に興味をもってもらおうと、日本酒で乾杯を呼びかける乾杯条例を制定する自治体が急増中!
(参照:栃木県の蔵元4社が協力し、お得なクーポン券で見学客を募る(9月2日発売)

0120酒

image from 日本酒造組合中央会

最初に乾杯条例を制定したのは、酒どころ伏見を抱える京都市。昨年1月に「京都市清酒の普及の促進に関する条例」を制定。目的は、日本酒による乾杯の習慣を広め、伝統産業の素晴らしさを見直してもらうことである。

京都の成功に続き、日本各地の自治体で乾杯条例が制定されている。

4つの酒蔵をもつ福島県南会津町では、「地元の名産品に誇りと自信を持ち、町の文化を見直す」と条例に明記。

石川県白山市では、地元蔵元5社の統一ブランド「白山菊酒」による乾杯を呼びかける条例を制定。石川小売酒販組合はそれに合わせ、若い人も気軽に日本酒で乾杯を楽しんでもらおうと、ワイングラス型の乾杯用酒器を制作した。

また、埼玉県秩父市では、条例制定に合わせ、対象の飲食店や旅館で日本酒で乾杯をすると抽選でお酒をプレゼントするキャンペーンを2月まで行っている。

日本酒造組合中央会によると、約20の自治体が日本酒による乾杯条例を制定しているが、地酒を名産品にしている自治体は多く、鹿児島県の「焼酎文化でおもてなし条例案」、和歌山県田辺市の「梅酒」を乾杯条例に加えるなどの広がりをみせている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR