横須賀のマンホール事故は下流側の止水が原因か?

[ 2014/01/25 ]


1月10日、神奈川県横須賀市久里浜の市道に設けられたマンホール内で、老朽化したパーツの交換作業にあたっていた男性作業員4名が、誤って吹き出した硫化水素で倒れ、うち1名が死亡する事故が起きた。この際、マンホールの下流側で事前に行われていた止水になんらかの問題があったという可能性が浮上している。
(参照:コレクション目的で 鳥取県「水木しげるロード」の”下水道マンホールふた”を盗んだ男が逮捕

横須賀市

image from 横須賀市

事故は、深さ2メートルほどのマンホール内で、圧送管の老朽化した空気バルブを交換している最中に起きた。工事にあたり、昨年12月にマンホールの上流と下流でそれぞれ仕切弁を使って止水していたはずだが、バルブを取り外したところ、管内から硫化水素や汚水があふれ出した。

現場周辺では、多くの人が強い硫黄のような匂いを感じており、汚水もマンホールからあふれ出るほどの量で、その様子を見ていた人から「マンホールの中で人が溺れている」という119番通報もあったほどだという。

止水も含めて交換作業にあたっていたのは、都内に拠点を置く民間業者で、作業中だった男性らは、先にマンホールに入った3名が硫化水素で意識不明になり倒れ、異変に気付いて現場監督も中に入った。

硫化水素は無色だが刺激臭が大きな特徴で、大量に吸い込んだ場合、呼吸麻痺や気管支炎を引き起こし、最悪の場合は急性中毒による死も考えられる。現場監督の男性は軽症だったが、先に入った3名は一時心肺機能が停止するほど重体となった。うち2名はまだ意識不明で、1名が事故の翌日に死亡している。これを受け、県警が業務上過失致死傷容疑も視野に入れて捜査を進めている。

下流側の止水が不十分という疑惑が持ち上がったのは、上流側の止水に関して、工事発注者である横須賀市の職員が立ち会い、確認されているからである。


関連する記事

アーカイブス

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

大手商社丸紅、ポルトガルに出張所を開設。水関連ビジネスを強化。

2017年5月29日、丸紅株式会社はポルトガルを拠点に、水関連ビジネスを強化、アフリカや南米などでの受注拡大を [&he・・・

記事全文

ナリス化粧品が開発製造した逆浸透膜処理水の需要が拡大。

ナリス化粧品が不純物を通さない逆浸透膜をいう超高性能のフィルラーで濾過した「純水』シトワを製造販売。健康関連や [&he・・・

記事全文

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR