横須賀のマンホール事故は下流側の止水が原因か?

[ 2014/01/25 ]


1月10日、神奈川県横須賀市久里浜の市道に設けられたマンホール内で、老朽化したパーツの交換作業にあたっていた男性作業員4名が、誤って吹き出した硫化水素で倒れ、うち1名が死亡する事故が起きた。この際、マンホールの下流側で事前に行われていた止水になんらかの問題があったという可能性が浮上している。
(参照:コレクション目的で 鳥取県「水木しげるロード」の”下水道マンホールふた”を盗んだ男が逮捕

横須賀市

image from 横須賀市

事故は、深さ2メートルほどのマンホール内で、圧送管の老朽化した空気バルブを交換している最中に起きた。工事にあたり、昨年12月にマンホールの上流と下流でそれぞれ仕切弁を使って止水していたはずだが、バルブを取り外したところ、管内から硫化水素や汚水があふれ出した。

現場周辺では、多くの人が強い硫黄のような匂いを感じており、汚水もマンホールからあふれ出るほどの量で、その様子を見ていた人から「マンホールの中で人が溺れている」という119番通報もあったほどだという。

止水も含めて交換作業にあたっていたのは、都内に拠点を置く民間業者で、作業中だった男性らは、先にマンホールに入った3名が硫化水素で意識不明になり倒れ、異変に気付いて現場監督も中に入った。

硫化水素は無色だが刺激臭が大きな特徴で、大量に吸い込んだ場合、呼吸麻痺や気管支炎を引き起こし、最悪の場合は急性中毒による死も考えられる。現場監督の男性は軽症だったが、先に入った3名は一時心肺機能が停止するほど重体となった。うち2名はまだ意識不明で、1名が事故の翌日に死亡している。これを受け、県警が業務上過失致死傷容疑も視野に入れて捜査を進めている。

下流側の止水が不十分という疑惑が持ち上がったのは、上流側の止水に関して、工事発注者である横須賀市の職員が立ち会い、確認されているからである。


関連する記事

アーカイブス

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR