国土交通省と水資源機構が社会実験 徳島県三好市銅山川(伊予川)の水質改善

[ 2010/08/23 ]


2010年8月21日から22日にかけ、国土交通省水資源機構が、「銅山川ダム群弾力的管理試験」を行った。この社会試験は、四国で2件目となる社会実験だ。この社会実験の目的は銅山川(伊予川)の水質の改善。実施方法は、富郷ダムの放流量を一時的に増やし、愛媛県内から三好市山城町内を経由して吉野川に合流する銅山川(伊予川)へ一気に流し込むというものだ。


今回の社会実験は「フラッシュ放流」と呼ばれる方法だ。ダムの水を一気に放流し、下流域に人工的な洪水を発生させることで、水質の改善や流砂の連続性確保を図るものだ。川そのものを一気に水洗いするような感覚だ。

この社会実験では、まず、富郷ダムに水質改善用の水をためて放流する。次に、柳瀬、新宮両ダムを経由させ、影井堰で水量調節の上放流。これにより、一気に大量の水を流すことで川の水質改善を図る。川底の堆積(たいせき)物や滞留水は全てこの計画で流しだされる予定だ。

通常は影井堰では毎秒0.17トンを流している。それを、8月21日午後7時から徐々に放流量を増やし、午後10時に毎秒3トンに。8月22日午前11時までに、計約15万トンを流し、通常の量へと戻す。

今後もこの社会実験は10回の実施が予定されている。放流量や時間を変えながら2012年度末まで行う。その過程で、水位の計測や水質検査で効果を検証し、地域住民の意見も参考し、本格運用の段階へ進む予定だ。

三好市の銅山川流域では、住民から水質汚濁や悪臭の苦情が出ている。この原因は、上流ダム群の建設に伴って流量が減ったためと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

(株)Gloture 自動で水やりしてくれるスマート水耕栽培プランターを販売へ

(株)Gloture スマート水耕栽培プランター「Botanium」販売 自社ECサイトで (参考:(株)竹中工務店ら ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR