国土交通省と水資源機構が社会実験 徳島県三好市銅山川(伊予川)の水質改善

[ 2010/08/23 ]


2010年8月21日から22日にかけ、国土交通省水資源機構が、「銅山川ダム群弾力的管理試験」を行った。この社会試験は、四国で2件目となる社会実験だ。この社会実験の目的は銅山川(伊予川)の水質の改善。実施方法は、富郷ダムの放流量を一時的に増やし、愛媛県内から三好市山城町内を経由して吉野川に合流する銅山川(伊予川)へ一気に流し込むというものだ。


今回の社会実験は「フラッシュ放流」と呼ばれる方法だ。ダムの水を一気に放流し、下流域に人工的な洪水を発生させることで、水質の改善や流砂の連続性確保を図るものだ。川そのものを一気に水洗いするような感覚だ。

この社会実験では、まず、富郷ダムに水質改善用の水をためて放流する。次に、柳瀬、新宮両ダムを経由させ、影井堰で水量調節の上放流。これにより、一気に大量の水を流すことで川の水質改善を図る。川底の堆積(たいせき)物や滞留水は全てこの計画で流しだされる予定だ。

通常は影井堰では毎秒0.17トンを流している。それを、8月21日午後7時から徐々に放流量を増やし、午後10時に毎秒3トンに。8月22日午前11時までに、計約15万トンを流し、通常の量へと戻す。

今後もこの社会実験は10回の実施が予定されている。放流量や時間を変えながら2012年度末まで行う。その過程で、水位の計測や水質検査で効果を検証し、地域住民の意見も参考し、本格運用の段階へ進む予定だ。

三好市の銅山川流域では、住民から水質汚濁や悪臭の苦情が出ている。この原因は、上流ダム群の建設に伴って流量が減ったためと考えられている。


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR