水辺環境を観光資源に 日本橋から都心部を水都再興プロジェクト

[ 2010/08/28 ]


2011年4月で、東京の道路の起点・日本橋が現在の石造りの橋に架け替えられて100周年となる。この100周年を控え、日本橋周辺を中心に、都心部の水辺環境にぎわい取り戻し、観光資源とする水都再興プロジェクトが動き出している。世界各地を見渡してみると、水辺空間を観光資源として見直す動きが、広がっている。パリのサンマルタン運河ソウルの清渓川(チョンゲチョン)などが上げられる。ソウルの清渓川は、観光のため、上空を覆う高速道路を撤去した。

東京都中央区では水都再興プロジェクトのため、まず船着場の整備費として約2億円を計上した。9月の区議会に浮桟橋や連絡橋の設計図を示し、来春までに、日本橋のたもとに観光船着き場を整備する予定だ。これにより、新たな人の流れをつくり、観光客の誘致につなげる目的だ。

神田川から分かれて隅田川に注ぐ日本橋川は、江戸時代に舟運でにぎわっていた。現在でも時代の名残をとどめる名橋の数々が架かる。川からは三菱倉庫本社ビルなどの歴史的建築も目にすることができる。

1963年以降、東京五輪を翌年に控え、日本橋川は上空を高速道路で蓋(ふた)をされた格好となっている。その状況の中で、「名橋『日本橋』保存会」が、日本橋に、かつてのに ぎわいを取り戻そうと、船着き場の設置を求めてきた。同会は、地元に拠点を置く大手・老舗(しにせ)企業が会員だ。また、スカイツリー見学の「舟遊ツアー」も観光誘致のために実現を目指している。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。



関連する記事

アーカイブス

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR