水辺環境を観光資源に 日本橋から都心部を水都再興プロジェクト

[ 2010/08/28 ]


2011年4月で、東京の道路の起点・日本橋が現在の石造りの橋に架け替えられて100周年となる。この100周年を控え、日本橋周辺を中心に、都心部の水辺環境にぎわい取り戻し、観光資源とする水都再興プロジェクトが動き出している。世界各地を見渡してみると、水辺空間を観光資源として見直す動きが、広がっている。パリのサンマルタン運河ソウルの清渓川(チョンゲチョン)などが上げられる。ソウルの清渓川は、観光のため、上空を覆う高速道路を撤去した。

東京都中央区では水都再興プロジェクトのため、まず船着場の整備費として約2億円を計上した。9月の区議会に浮桟橋や連絡橋の設計図を示し、来春までに、日本橋のたもとに観光船着き場を整備する予定だ。これにより、新たな人の流れをつくり、観光客の誘致につなげる目的だ。

神田川から分かれて隅田川に注ぐ日本橋川は、江戸時代に舟運でにぎわっていた。現在でも時代の名残をとどめる名橋の数々が架かる。川からは三菱倉庫本社ビルなどの歴史的建築も目にすることができる。

1963年以降、東京五輪を翌年に控え、日本橋川は上空を高速道路で蓋(ふた)をされた格好となっている。その状況の中で、「名橋『日本橋』保存会」が、日本橋に、かつてのに ぎわいを取り戻そうと、船着き場の設置を求めてきた。同会は、地元に拠点を置く大手・老舗(しにせ)企業が会員だ。また、スカイツリー見学の「舟遊ツアー」も観光誘致のために実現を目指している。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。



関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR