水辺環境を観光資源に 日本橋から都心部を水都再興プロジェクト

[ 2010/08/28 ]


2011年4月で、東京の道路の起点・日本橋が現在の石造りの橋に架け替えられて100周年となる。この100周年を控え、日本橋周辺を中心に、都心部の水辺環境にぎわい取り戻し、観光資源とする水都再興プロジェクトが動き出している。世界各地を見渡してみると、水辺空間を観光資源として見直す動きが、広がっている。パリのサンマルタン運河ソウルの清渓川(チョンゲチョン)などが上げられる。ソウルの清渓川は、観光のため、上空を覆う高速道路を撤去した。

東京都中央区では水都再興プロジェクトのため、まず船着場の整備費として約2億円を計上した。9月の区議会に浮桟橋や連絡橋の設計図を示し、来春までに、日本橋のたもとに観光船着き場を整備する予定だ。これにより、新たな人の流れをつくり、観光客の誘致につなげる目的だ。

神田川から分かれて隅田川に注ぐ日本橋川は、江戸時代に舟運でにぎわっていた。現在でも時代の名残をとどめる名橋の数々が架かる。川からは三菱倉庫本社ビルなどの歴史的建築も目にすることができる。

1963年以降、東京五輪を翌年に控え、日本橋川は上空を高速道路で蓋(ふた)をされた格好となっている。その状況の中で、「名橋『日本橋』保存会」が、日本橋に、かつてのに ぎわいを取り戻そうと、船着き場の設置を求めてきた。同会は、地元に拠点を置く大手・老舗(しにせ)企業が会員だ。また、スカイツリー見学の「舟遊ツアー」も観光誘致のために実現を目指している。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。

東京は江戸時代以来の多くの歴史的な観光資源が水辺を中心に広がっている。また、臨海には新たな観光拠点も多く存在する。こうした水辺環境を舟運で結ぶことで、開放感あふれる水辺空間を創出する。東京は、人々が憩える回遊性にすぐれた都市環境を創造していくことができるだろうか。



関連する記事

アーカイブス

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR