長野県が諏訪湖の水質改善にてこ入れ開始 新たな水質改善対策に乗り出す

[ 2010/08/28 ]



2010年8月、長野県諏訪湖の水質改善にてこ入れを開始した。8月から長野県では、諏訪湖に広がる緑色の水草・ヒシの除去を進めている。諏訪湖は、かつて日本でも有数の汚い湖だった。しかし、現在では下水道の普及で、水質は改善。水草が回復した。ところが、その水草の急激な増加はまた水質を悪化させる要因となる。富栄養化だ。一方、水質は良くはなったとはいえ、依然、環境基準値を上回っており、長野県では新たな水質改善対策に乗り出す方針だ。


水質汚染が激しかった頃に悩まされてきたアオコは発生しなくなった。この10年で、諏訪湖の水質の改善が進んだということだ。
しかし、代わりに目立つようになったのがヒシ。増えすぎると、葉が水面にまで届くはずの日光を遮断する。結果、水面上の植物の育成環境が悪化する。しかも、植生のサイクルが水質悪化に拍車をかける。秋にに枯れる、枯れて湖底に沈む、それが富栄養化の肥やしになる、というわけだ。長野県水産試験場諏訪支場の調査によると、ヒシの分布面積は2007年が約160ヘクタールだったが、2009年には約240ヘクタールに広がっているという。

2009年度から長野県では、諏訪湖の3カ所で、除去を業者委託により開始。小型ボートによる手作業だ。昨年度の除去は9トン。今年度も3カ所で7月から9月までの予定で行っている。地元は景観の改善、漁業対策として歓迎の様子だ。
今は、かつてのような高濃度汚染はない。その点で最悪は脱してはいるのだろう。しかし、2003年度に長野県では浚渫(しゅん・せつ)を停止。その結果、低下傾向にあった化学的酸素要求量(COD)窒素の計測値は改善が鈍化。2008年度はCOD、窒素とも基準を上回った。このため長野県側は水質改善のための新たな対策を模索し始めた。

そこで、7月から、水質改善のため、以下の四つの対策をリストアップ。諏訪市など周辺6市町村に示した。
リスとアップされたのが、4つの対策だ。「水路を造って川の水の一部を引き込み、CODを除去」、「河口部の仕切り堰(せき)や、汚染物沈殿用プールで汚染物を除去」、「湖底の泥を浚渫し、脱水後、浄化し戻す」、「水草が枯れる前に除去する」、などの対策が上げられている。

関係者は、今年度中に、どの対策を実施するか、複数の対策を並行で実施するか早いうちに検討に入るべきだとしている。
また、COD、窒素の発生源対策としては、森林管理を進めることがあげられている。土砂が川に流れ込む量の削減。農薬や肥料の削減、畜産廃棄物の有効利用の促進。などのさまざまな課題への対応が求められている。

長野県、関係者は、諏訪湖の水質改善に関しては、総合的な取り組みが今まで以上に求められるという認識をもっており、今後は、総合的な対策を進めていくという認識であることを確認した。


関連する記事

アーカイブス

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR