多摩川の水質改善は順調 多摩川のアユ遡上196万尾、昨年の4倍以上に

[ 2010/08/28 ]


2010年3月~6月の最新の調査によると、多摩川のアユ遡上数が昨年の4倍以上になったことが分かった。
多摩川は、山梨県を水源とし、東京都と神奈川県の境を流れる首都圏の一級河川だ。東京都神奈川の境界線でもある。この多摩川の水質改善が順調なことを証明する調査データが入ってきた。多摩川を遡上(そじょう)するアユが、2006年(平成18年)の調査開始以来最高の約196万尾に上ったという。

国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所が行った多摩川の調布取水堰(ぜき)におけるアユ遡上調査によると、その数は196万尾。これは、昨年の4倍以上の数字となる。その原因は「水質の改善」、「産卵時期の気候条件が良かった」ことが理由ではないかと専門家はみている。

調査は、関東地方整備局京浜河川事務所が東京都大田区の調布取水堰で、アユの遡上のピークとなる3月23日~6月13日に行った。2006年(平成18年)の調査は約90万尾、2007年は約140万尾で増加、2008年(平成20年)は約80万尾で激減、2009年(平成21年)は更に約47万尾と年々、減少傾向にあった。

このアユの遡上数の急増については、産卵時期の気象条件がよかったことが上げられる。昨年秋は、雨が多く、川の流れが淀まなかったため、アユが卵を産み付ける砂利が汚れなかったことが、産卵を促したのではという。2007年(平成19年)以降、多摩川のすべての観測地点で、水質の改善がみられることも大きい。観測地点では生物化学的酸素要求量(BOD)が環境基準値内となり、水質が改善も要因としてあげられている。



関連する記事

アーカイブス

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR