震災対策に関する調査結果 地震対策の非常用グッズ 飲料水(保存水)準備は3番目

[ 2010/08/30 ]


2010年8月25日、iMiリサーチバンクは震災対策に関する調査結果を発表した。
それによると、地震対策の非常用グッズを用意している人が25%。全体の1/4だ。その1/4の中で更に、備蓄用の飲料水(備蓄水)を準備している人は、各種の非常用グッズの中で、3番目の68.8%になることが分かった。(複数回答可)

9月1日は1923年の関東大震災にちなみ、50年前に「防災の日」に制定されている。この日は地震について考えてみようという日だ。それでは調査を参考に考えてみよう。まず、調査の結果、「非常用持ち出しグッズを用意している」人は約25%で1/4程度にとどまっていることが判明。
では、その震災グッズ内容はどうなっているか。複数回答で調査したところ、もっとも多かったのは「懐中電灯・携帯ライト」で87.0%。飲料水(備蓄水)は、3番目の68.8%となっていた。水と食料は生きていくため欠かせないものだ。しかし、問題なのは「持ち出し品」としてはかさばり過ぎることと、大量にあっては、移動が出来ないこと。水は重いのだ。

この調査では、「非常用持ち出しグッズを用意している」人だけではなく、全体で見たときの38.8%の人が水・食料を備蓄していると回答している。これは、、地震対策の非常用グッズを用意している25%よりも多い。しかし、一方で、水の備蓄は注意が必要なことも忘れてはならない。

阪神・淡路大震災で確認された教訓がある。それは、液体の入ったペットボトルやアルミ缶は家屋の歪みや、横揺れによる家具との圧迫で潰れて水が漏れてしまい、使い物にならなくなってしまうケースが多々あるということだ。

置き場所についてもある程度、分散しておいた方がいい。そすれば、1ケースのうち大半が潰れてしまう事は防げるので、大量に買い込むような場合は備蓄場所についても充分考えておきたい。

給水車による支援を期待し、水は大丈夫だろうと考えるかもしれない。しかし、給水車は各家々を訪ねてポリタンクを一杯にしてくれる事はまず無い。大抵は学校や公園、大きな避難所へ水を取りに行く必要がある。

かといってポリタンクを握りしめて遠く離れた給水車まで行くと、今度は持ち帰るのにかなりの時間が掛かってしまう。ポリタンク1つで20リットル、20kgだ。取っ手が持ちにくい事もあって、大人でも持ち運びはラクじゃない。自転車の荷台にでも載せることができれば、よほどの悪路でなければ大丈夫のはずだ。

地震対策準備といっても、意外に多くの教訓が見逃されているのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR