震災対策に関する調査結果 地震対策の非常用グッズ 飲料水(保存水)準備は3番目

[ 2010/08/30 ]


2010年8月25日、iMiリサーチバンクは震災対策に関する調査結果を発表した。
それによると、地震対策の非常用グッズを用意している人が25%。全体の1/4だ。その1/4の中で更に、備蓄用の飲料水(備蓄水)を準備している人は、各種の非常用グッズの中で、3番目の68.8%になることが分かった。(複数回答可)

9月1日は1923年の関東大震災にちなみ、50年前に「防災の日」に制定されている。この日は地震について考えてみようという日だ。それでは調査を参考に考えてみよう。まず、調査の結果、「非常用持ち出しグッズを用意している」人は約25%で1/4程度にとどまっていることが判明。
では、その震災グッズ内容はどうなっているか。複数回答で調査したところ、もっとも多かったのは「懐中電灯・携帯ライト」で87.0%。飲料水(備蓄水)は、3番目の68.8%となっていた。水と食料は生きていくため欠かせないものだ。しかし、問題なのは「持ち出し品」としてはかさばり過ぎることと、大量にあっては、移動が出来ないこと。水は重いのだ。

この調査では、「非常用持ち出しグッズを用意している」人だけではなく、全体で見たときの38.8%の人が水・食料を備蓄していると回答している。これは、、地震対策の非常用グッズを用意している25%よりも多い。しかし、一方で、水の備蓄は注意が必要なことも忘れてはならない。

阪神・淡路大震災で確認された教訓がある。それは、液体の入ったペットボトルやアルミ缶は家屋の歪みや、横揺れによる家具との圧迫で潰れて水が漏れてしまい、使い物にならなくなってしまうケースが多々あるということだ。

置き場所についてもある程度、分散しておいた方がいい。そすれば、1ケースのうち大半が潰れてしまう事は防げるので、大量に買い込むような場合は備蓄場所についても充分考えておきたい。

給水車による支援を期待し、水は大丈夫だろうと考えるかもしれない。しかし、給水車は各家々を訪ねてポリタンクを一杯にしてくれる事はまず無い。大抵は学校や公園、大きな避難所へ水を取りに行く必要がある。

かといってポリタンクを握りしめて遠く離れた給水車まで行くと、今度は持ち帰るのにかなりの時間が掛かってしまう。ポリタンク1つで20リットル、20kgだ。取っ手が持ちにくい事もあって、大人でも持ち運びはラクじゃない。自転車の荷台にでも載せることができれば、よほどの悪路でなければ大丈夫のはずだ。

地震対策準備といっても、意外に多くの教訓が見逃されているのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR