NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)、オーストラリアで水資源供給システムの実証研究を実施

[ 2010/08/31 ]


2010年8月31日、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)オーストラリア、クイーンズランド州政府インフラ・計画省は、水資源供給システムの実証研究の実施につき、覚書きを締結したと発表した。両者は共同で2010年から2014年までの間で、同州に水資源供給システムを設置する。これにより、雨水の水源化に関する実証研究を行う。この実証研究は、同様な水不足に悩む他地域に対しても今後の事業転換が考ええられるものになる。

大規模人口地域の水資源確保策は従来から大規模ダムに依存するのが常道だ。また、新たな水源として期待されている海水淡水化施設も決して万能ではない。技術やコスト以外の懸念材料が存在する。淡水化の一方で生まれる、濃縮塩水の海洋環境への影響を無視はできない。今回の実証研究では、人口の増加可能性が高い、既存のダムでは水源確保困難な地域である、南東クイーンズランドの特性において、雨水、路面水の水源化をする「分散型水資源供給システム」を確立を目指すものだ。

2010年2月、NEDOは、当プロジェクトを「省水型・環境調和型水循環プロジェクト」の一案件として、JFEエンジニアリング株式会社及び株式会社野村総合研究所に委託。既に実施可能性調査を完了して実証研究に移行している。

2010年~2014年をプロジェクトの実施期間とする。場所は、フィッツギボン住宅開発地域で人口は約4000人。実証実験内容は、雨水の上水、中水の有効活用により、水需要の4割を供給するシステムを構築すること。まずは、雨水を有効利用する分散型水資源供給システムを設置。屋根雨水を上水化する。さらに、水が不足した場合は、路面雨水を中水処理する。その中水を原水として、飲料利用や生活排水の利用に向けた研究を実施する。

このシステムは既存の水道システムとの補完関係を構築することが可能。つまり、成功すれば既存のインフラ環境を意識せず、水資源供給の安定化が可能となる。このシステムが確立後には、オーストラリア内の普及だけではなく、水不足等の問題を抱える他の渇水地域への供給も展開も可能となる。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR