防災月間 「いざ」に備える宅配水 ウォーターサーバーで飲料水の備蓄

[ 2010/09/02 ]


9月は防災月間だ。大地震や災害が発生すれば、過去の事例から考えてもライフラインは断絶する。そんな「いざ」という時に備えるためには、飲料水の備蓄は必要だ。そこで効果的といわれるのが宅配水だ。ウォーターサーバーで飲料水の備蓄ができるというわけだ。

人間が一日に必要な水の量は3リットルといわれる。備蓄飲料水(備蓄水は一般に、応急給水が開始されるまでの3日分、つまり1人9リットルの保存が必要になる。この量を家族の人数分確保しておくこと が望ましいとされる。とは言え、ペットボトルを何本も用意しておくのは、保管場所や賞味期限なども気になり、なかなか大変だ。しかもペットボトルは、過去の震災の教訓から、意外に脆いという指摘もされている。

そこで、考えつくのが、宅配水だ。定期的な注文により、賞味期限を切らさないよう、絶えず水が家にストックされた状態になる。 つまり、日常の飲料水が意識せずとも、備蓄水の役割も果たすというわけだ。電気の供給が途絶えても、ウォーターサーバーから水を注ぐことは可能。ライフラインが途絶えたときに備え、家族や自分の命をつなぐ貴重な存在になるかもしれない。

宅配という利便性、味、安全性も高い。日常生活においても有用性は高い。この宅配水を今月は防災という観点から、その有効性を考えてみてはどうだろうか。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR