20代半数が「節水せず」と回答 三大都市圏調査 -若い世代ほど節水意識が低い-

[ 2010/09/02 ]


2010年7月31日、食品メーカー「ミツカン」の水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=」の調査結果を発表した。その調査の結果、三大都市圏に住む20代の約半数は家庭で節水しておらず、若い世代ほど節水意識が低いことが分かった。


ミツカン 水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=



調査は2010年6月、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、中京圏(岐阜、愛知、三重)、大阪圏(京都、大阪、兵庫)の20代から60代の男女を対象にインターネットで実施。1500人から回答を得た。

家庭での水の使い方の調査結果では、「節水していない」と回答した人の割合は20代が50.3%で最高。30代が41.7・%。40~60代は32・0~34・7%と、いずれも平均の38・2%を下回った。30代以下で「節水している(「多少節水」+「かなり節水」)」がつまり、節水を意識している人たちが、減少することが見て取れる。若い世代ほど、「湯水のように使う」ということわざに忠実のようだ。

地震などが起きた場合の飲料水(保存水)を準備について全体の46.3%が「何もしていない」と答えている。災害に対する危機意識が必ずしも高くない現状も浮かんだ。この調査は、「インターネット利用者」ということで、情報リテラシーにおいてフィルターのかかる調査である。災害時の飲料水準備に関しては、8月30日にお伝えした 震災対策に関する調査結果」で、食料とあわせても38.8%にしかならないという調査結果もある。つまり、60%以上が準備をしていないのだ。むしろ、この調査では高めに出ている可能性もあるだろう。

一方、節水方法(複数回答)は「歯磨き中に水を出しっぱなしにしない」が75.7%で最多。続いて、「シャワーの水はこまめに止める」(55.5%)、「風呂の湯を洗濯や掃除に使い回す」(54.2%)などであった。


関連する記事

アーカイブス

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討

インド・ムンバイ市 大雨や洪水等災害対策に日本の首都圏外郭放水路の導入を検討 (参照:三井住友建設(株) カン [&he・・・

記事全文

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりのサービスを強化へ

カインズ、クラシアンと業務提携へ 水まわりの緊急サービスや施工面を強化へ (参照:日立 10月に高硬度水や井戸 [&he・・・

記事全文

愛知県 全国で初めて浄化槽点検業者を認定制に

愛知県 全国初、浄化槽点検業者の認定制を検討 (参照:(株)Rist AI水質監視システムを活用する水処理施設 [&he・・・

記事全文

(株)ドリーマー 「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結

(株)ドリーマー 東海地方で初「ウォーターメーカー」のマスターエージェンシー契約を締結 (参照:TOKAI 災 [&he・・・

記事全文

山形・福島・新潟 水田での園芸作物栽培に向けての排水技術や先進事例を共有

山形・福島・新潟 水田の排水技術や先進事例を共有、水田栽培の園芸作物産地化へ (参照:未来工業と和仁農園 田ん [&he・・・

記事全文

ジャパンソルト ニュージーランド産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」販売へ

ジャパンソルト NZ産ミネラルウォーター「アンティポディーズ」を輸入、販売へ (参照:福光屋 日本酒の仕込み水 [&he・・・

記事全文

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水の配達料を無料に

和歌山県串本町 高齢者世帯の災害備蓄水「なんたん水」の配達を無料化 (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水13 [&he・・・

記事全文

日立 10月に高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュートを発売へ

日立 高硬度水や井戸水にも対応可能な家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」発売 (参照:TOKAI 災害時 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR