20代半数が「節水せず」と回答 三大都市圏調査 -若い世代ほど節水意識が低い-

[ 2010/09/02 ]


2010年7月31日、食品メーカー「ミツカン」の水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=」の調査結果を発表した。その調査の結果、三大都市圏に住む20代の約半数は家庭で節水しておらず、若い世代ほど節水意識が低いことが分かった。


ミツカン 水に関わる生活意識調査 水道水の評価とイメージ =東京・大阪・中京圏=



調査は2010年6月、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)、中京圏(岐阜、愛知、三重)、大阪圏(京都、大阪、兵庫)の20代から60代の男女を対象にインターネットで実施。1500人から回答を得た。

家庭での水の使い方の調査結果では、「節水していない」と回答した人の割合は20代が50.3%で最高。30代が41.7・%。40~60代は32・0~34・7%と、いずれも平均の38・2%を下回った。30代以下で「節水している(「多少節水」+「かなり節水」)」がつまり、節水を意識している人たちが、減少することが見て取れる。若い世代ほど、「湯水のように使う」ということわざに忠実のようだ。

地震などが起きた場合の飲料水(保存水)を準備について全体の46.3%が「何もしていない」と答えている。災害に対する危機意識が必ずしも高くない現状も浮かんだ。この調査は、「インターネット利用者」ということで、情報リテラシーにおいてフィルターのかかる調査である。災害時の飲料水準備に関しては、8月30日にお伝えした 震災対策に関する調査結果」で、食料とあわせても38.8%にしかならないという調査結果もある。つまり、60%以上が準備をしていないのだ。むしろ、この調査では高めに出ている可能性もあるだろう。

一方、節水方法(複数回答)は「歯磨き中に水を出しっぱなしにしない」が75.7%で最多。続いて、「シャワーの水はこまめに止める」(55.5%)、「風呂の湯を洗濯や掃除に使い回す」(54.2%)などであった。


関連する記事

アーカイブス

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR