9年ぶりに天然記念物の稚魚を確認。淀川に絶滅危惧種に指定されている日本の固有種、イタセンパラが戻ってきた!

[ 2014/05/22 ]


淀川に天然記念物であり絶滅危惧種に指定されている日本の固有種の「イタセンパラ」が、9年ぶりに戻ってきたことが確認された。(参照:アクア・ソーシャル・フェス(大阪)―「淀川干潟ウォッチング」が開催(9月7日)

0522大阪イタセンパラと城北ワンド

image from 大阪府立環境農林水産総合研究所

今年の春、絶滅危惧種である国の天然記念物の「イタセンパラ」の稚魚が、9年ぶりに最大の生息地として知られていた淀川の城北ワンド群で確認された。

「イタセンパラ」は、コイ科タナゴ亜科に属する淡水魚で、琵琶湖淀川水系、濃尾平野、富山平野にのみ生息している日本の固有種。通常は、河川のワンドや河跡湖、ため池など、水流が穏やかでヨシやガマなどが繁茂する浅瀬などに生息している。しかし、生息地の環境悪化により個体数が激減。平成7年、国内希少野生動植物に指定された。

かつて大阪市旭区の城北ワンドには、「イタセンパラ」が数多く生息していた。しかし、外来種のブラックバスなどの繁殖により生息地を追われ、個体数が減少していた。そのことを危惧した市民団体が、外来種の駆除や河川の清掃などを実施。昨年10月に「イタセンパラ」の放流を試みていた。

今回、確認された稚魚は、昨年放流された「イタセンパラ」の二世だということが確認されており、野生での確認は、平成17年以来9年ぶりになる。今後、戻ってきた「イタセンパラ」をいかに定着させるか。期待が高まっている。


関連する記事

アーカイブス

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

大手商社丸紅、ポルトガルに出張所を開設。水関連ビジネスを強化。

2017年5月29日、丸紅株式会社はポルトガルを拠点に、水関連ビジネスを強化、アフリカや南米などでの受注拡大を [&he・・・

記事全文

ナリス化粧品が開発製造した逆浸透膜処理水の需要が拡大。

ナリス化粧品が不純物を通さない逆浸透膜をいう超高性能のフィルラーで濾過した「純水』シトワを製造販売。健康関連や [&he・・・

記事全文

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR