9年ぶりに天然記念物の稚魚を確認。淀川に絶滅危惧種に指定されている日本の固有種、イタセンパラが戻ってきた!

[ 2014/05/22 ]


淀川に天然記念物であり絶滅危惧種に指定されている日本の固有種の「イタセンパラ」が、9年ぶりに戻ってきたことが確認された。(参照:アクア・ソーシャル・フェス(大阪)―「淀川干潟ウォッチング」が開催(9月7日)

0522大阪イタセンパラと城北ワンド

image from 大阪府立環境農林水産総合研究所

今年の春、絶滅危惧種である国の天然記念物の「イタセンパラ」の稚魚が、9年ぶりに最大の生息地として知られていた淀川の城北ワンド群で確認された。

「イタセンパラ」は、コイ科タナゴ亜科に属する淡水魚で、琵琶湖淀川水系、濃尾平野、富山平野にのみ生息している日本の固有種。通常は、河川のワンドや河跡湖、ため池など、水流が穏やかでヨシやガマなどが繁茂する浅瀬などに生息している。しかし、生息地の環境悪化により個体数が激減。平成7年、国内希少野生動植物に指定された。

かつて大阪市旭区の城北ワンドには、「イタセンパラ」が数多く生息していた。しかし、外来種のブラックバスなどの繁殖により生息地を追われ、個体数が減少していた。そのことを危惧した市民団体が、外来種の駆除や河川の清掃などを実施。昨年10月に「イタセンパラ」の放流を試みていた。

今回、確認された稚魚は、昨年放流された「イタセンパラ」の二世だということが確認されており、野生での確認は、平成17年以来9年ぶりになる。今後、戻ってきた「イタセンパラ」をいかに定着させるか。期待が高まっている。


関連する記事

アーカイブス

NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発

NEDO・東北大ほか 温泉水のメンテで温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発 (参照:西松建設(株) トンネ [&he・・・

記事全文

米CMEグループとナスダック 2020年内にも水の先物取引を立ち上げ予定

米CMEグループとナスダック 水の先物取引誕生なるか 2020年内立ち上げ計画 (参照:2020年の世界水週間 [&he・・・

記事全文

Microsoft 水中データセンターを引き上げ 試験結果を公表

Microsoft 水中データセンター「Northern Isles」を2年ぶりに引き上げ 試験結果を公表 ( [&he・・・

記事全文

(一社)日本アクアソムリエ協会 水関連の認証制度「JAPAN AQUA AWARDS」開催

(一社)日本アクアソムリエ協会 日本初、水関連・サービスの認証制度を実施 (参照:無印良品 「自分で詰める水の [&he・・・

記事全文

株式会社Gloture スマホで管理でWOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始きるペット用循環式UV給水器を発売

株式会社Gloture ペット用循環式UV給水器「Petoneer Fresco Ultra」を発売 (参照: [&he・・・

記事全文

アップル社 シンガポール出店3店目は水上のアップルストア

米アップル社 水上のアップルストア、シンガポールにオープン (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発 [&he・・・

記事全文

神戸大学大学院ほか研究グループ 釧路湿原の水からキタサンショウウオのDNAを検出

神戸大学大学院ほか研究グループ 環境DNAで釧路湿原の水からキタサンショウウオ検出 (参照:日本水産・弓ヶ浜水 [&he・・・

記事全文

香港のスタートアップ企業 水に溶けるビニール袋を開発

スタートアップ企業Distinctive Action 水に溶けるビニール袋#INVISIBLEBAGを開発 [&he・・・

記事全文

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収

中国 青島ビール、ネスレからミネラルウオーター工場を買収 、販売権も一部取得 (参照:(株)JR東日本ウォータ [&he・・・

記事全文

インタービジネスブリッジ 「Water Billy」から「ウォーターガンブレラ」を発売

ンタービジネスブリッジ 水鉄砲傘「ウォーターガンブレラ」を発売 (参照:(株)タカラトミーアーツ コースが作れ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR