9年ぶりに天然記念物の稚魚を確認。淀川に絶滅危惧種に指定されている日本の固有種、イタセンパラが戻ってきた!

[ 2014/05/22 ]


淀川に天然記念物であり絶滅危惧種に指定されている日本の固有種の「イタセンパラ」が、9年ぶりに戻ってきたことが確認された。(参照:アクア・ソーシャル・フェス(大阪)―「淀川干潟ウォッチング」が開催(9月7日)

0522大阪イタセンパラと城北ワンド

image from 大阪府立環境農林水産総合研究所

今年の春、絶滅危惧種である国の天然記念物の「イタセンパラ」の稚魚が、9年ぶりに最大の生息地として知られていた淀川の城北ワンド群で確認された。

「イタセンパラ」は、コイ科タナゴ亜科に属する淡水魚で、琵琶湖淀川水系、濃尾平野、富山平野にのみ生息している日本の固有種。通常は、河川のワンドや河跡湖、ため池など、水流が穏やかでヨシやガマなどが繁茂する浅瀬などに生息している。しかし、生息地の環境悪化により個体数が激減。平成7年、国内希少野生動植物に指定された。

かつて大阪市旭区の城北ワンドには、「イタセンパラ」が数多く生息していた。しかし、外来種のブラックバスなどの繁殖により生息地を追われ、個体数が減少していた。そのことを危惧した市民団体が、外来種の駆除や河川の清掃などを実施。昨年10月に「イタセンパラ」の放流を試みていた。

今回、確認された稚魚は、昨年放流された「イタセンパラ」の二世だということが確認されており、野生での確認は、平成17年以来9年ぶりになる。今後、戻ってきた「イタセンパラ」をいかに定着させるか。期待が高まっている。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR