火星の水量、誕生から4億年の間に約半分に。宇宙空間に流出か

[ 2014/04/16 ]


4月15日、東京工業大学名古屋大学の研究チームが共同で発表したところによると、同研究チームは、火星では誕生から4億年の間で初期に存在した水の50%以上が宇宙空間に流出したことをつきとめた。残る水のほとんどは、氷として火星の地下に存在している可能性があるという。(参照:火星に水の痕跡、NASAの調査続く

火星の水

image from 建伟 朱

この研究は、東京工業大学の臼井寛裕助教、名古屋大学の黒川宏之研究員らのチームによるもの。研究チームは、火星から飛来した隕石に着目。

これに含まれる水分を分析した結果、火星が誕生した約45億年前の隕石と、それから4億年後の約41億年前の隕石を比べると、水の中に含まれる重水素の割合が2倍~4倍に増えていることがわかった。

重水素を含む水は普通の水素を含む水より重く、宇宙空間に流出しにくい。このことから、誕生時には約1500万キロ立方メートル以上あったと考えられる火星の水は、最初の4億年の間に、その半分以上が宇宙に流れ出たと考えられるという。残った水のほとんどは、氷として火星の地下に存在している可能性があるという。


関連する記事

アーカイブス

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR