健康へのステップアップ、家庭でもできる水素水の作り方

[ 2014/06/20 ]


健康へのステップアップ、家庭でもできる水素水の作り方を紹介する。
(参照:健康博覧会で水素がクローズアップ

0615水素水0006

image from coniferconifer

ガン、心臓疾患、老化など現代人が抱える様々な病気の原因となる活性酸素を除去する能力が高い水素水。しかし、一般的な水道水に水素は含まれていない。だからといってがっかりすることはない。今、話題の水素水はペットボトルで売られているし、家庭で作るためのキットなども販売されている。

水素水は水素濃度が0.8ppm以上の水のことをいうが、この濃度が効果を左右する。自然の大気圧ならば水素濃度は最大でも1.6ppm。この濃度に近いほど優良品となるが、市販品では微量しか含まれていないものもある。

一般に水素水は、工場などで生産されたものをパッケージ化して販売されている。濃度にばらつきがあるのが現実だ。その問題の解決策として、家庭で作る方法がある。方法は大きく分けて2つ。マグネシウムスティックを使う方法と、電気分解装置を使う方法だ。

簡単なのはマグネシウムスティックを使う方法。

水素水を作ることを目的にしたマグネシウムを含んだスティックが販売されているので、それをペットボトルなどに入れるだけで作ることができる。マグネシウムスティックを購入するときは、マグネシウムの純度が高いものを選ぶことが大切だ。また、マグネシウムスティックは消耗品なので、水素水を作っているうちにマグネシウムが減少していくので定期的に交換する必要がある。

電気分解装置は、水に電圧をかけることで電気分解を起こして水素を発生させる専門の装置のことで、最近ではいろいろなタイプが登場してきている。

メリットは、水素の粒子が小さいこと。酸素と結合しやすく体内で活性酸素を減らす効果が高くなるといわれている。また、化合物が含まれていないので純粋な水素水を作ることができる。ただ、専門の機械が必要なので場所を取るなどのデメリットがあるのと、装置によって性能がことなるので見極める目が必要になってくる。

家庭でも簡単にできる水素水で、健康とアンチエイジングを同時に手に入れてみてはどうだろうか。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動

神奈川県開成町 全国初「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」庁舎 始動 (参照:大阪市 コンセッション方 [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドライン制定

国土交通省 ダムの事前放流についてのガイドライン制定 事前放流は3日前から開始 (参照:国土交通省 ダムの新た [&he・・・

記事全文

(株)タカラトミーアーツ コースが作れるウォータースライダー型流しそうめん 発売

(株)タカラトミーアーツ カスタマイズ可能なウォータースライダー型流しそうめん発売 (参照:ヤンマー(株) 新 [&he・・・

記事全文

群馬県 「ぐんまダムかるた」配布開始の延期を発表

群馬県 県内ダムの紹介を兼ねた「ぐんまダムかるた」配布開始日の延期を発表 (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水 [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置4機種販売

(株)日本トリム 電解水透析®多人数用透析用水作製装置「EW-SP75」4機種販売 (参照:(株)コバテクノロ [&he・・・

記事全文

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー発売

(有)サプライズ 水道水と塩だけで次亜塩素酸水が作れるミスト型スプレー「ジアイレーサー」発売 (参照:(株)コ [&he・・・

記事全文

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運続ける

明石市 「全国豊かな海づくり大会」に向け海底耕運に注力 (参照: 山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜 [&he・・・

記事全文

(株)セキド 水中スクーター「SUBLUE WHITESHARK MIX」の販売価格を改定

(株)セキド 水中スクーター「WHITESHARK MIX」の価格改定 59,400円(税込)に (参照:ヤン [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR