健康へのステップアップ、家庭でもできる水素水の作り方

[ 2014/06/20 ]


健康へのステップアップ、家庭でもできる水素水の作り方を紹介する。
(参照:健康博覧会で水素がクローズアップ

0615水素水0006

image from coniferconifer

ガン、心臓疾患、老化など現代人が抱える様々な病気の原因となる活性酸素を除去する能力が高い水素水。しかし、一般的な水道水に水素は含まれていない。だからといってがっかりすることはない。今、話題の水素水はペットボトルで売られているし、家庭で作るためのキットなども販売されている。

水素水は水素濃度が0.8ppm以上の水のことをいうが、この濃度が効果を左右する。自然の大気圧ならば水素濃度は最大でも1.6ppm。この濃度に近いほど優良品となるが、市販品では微量しか含まれていないものもある。

一般に水素水は、工場などで生産されたものをパッケージ化して販売されている。濃度にばらつきがあるのが現実だ。その問題の解決策として、家庭で作る方法がある。方法は大きく分けて2つ。マグネシウムスティックを使う方法と、電気分解装置を使う方法だ。

簡単なのはマグネシウムスティックを使う方法。

水素水を作ることを目的にしたマグネシウムを含んだスティックが販売されているので、それをペットボトルなどに入れるだけで作ることができる。マグネシウムスティックを購入するときは、マグネシウムの純度が高いものを選ぶことが大切だ。また、マグネシウムスティックは消耗品なので、水素水を作っているうちにマグネシウムが減少していくので定期的に交換する必要がある。

電気分解装置は、水に電圧をかけることで電気分解を起こして水素を発生させる専門の装置のことで、最近ではいろいろなタイプが登場してきている。

メリットは、水素の粒子が小さいこと。酸素と結合しやすく体内で活性酸素を減らす効果が高くなるといわれている。また、化合物が含まれていないので純粋な水素水を作ることができる。ただ、専門の機械が必要なので場所を取るなどのデメリットがあるのと、装置によって性能がことなるので見極める目が必要になってくる。

家庭でも簡単にできる水素水で、健康とアンチエイジングを同時に手に入れてみてはどうだろうか。


関連する記事

アーカイブス

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水がよみがえる 中学生の提案で

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水を再整備、池の透明度3倍に 中学生の提案 (参照: 文化庁 京都の近代化に貢 [&he・・・

記事全文

アサヒ 工場排水からのバイオガスを活用した長時間連続発電に成功

アサヒ 工場排水から発生するバイオガスで長時間連続発電に成功 (参照:宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反 [&he・・・

記事全文

西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発

西松建設(株) 水中ポンプ無人監視システム「Newt」開発 トンネル工事の湧水対策で (参照:クボタ機工(株) [&he・・・

記事全文

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR