水利用に新たな展開。理研、水から電子を取り出すマンガン触媒開発に成功

[ 2014/07/16 ]


水利用に新たな展開。独立行政法人理化学研究所は、水から電子を取り出すマンガン触媒の開発に成功したことを発表した。
(参照:マントルと核の境界付近に水を含んだ鉱物がある可能性が高いことを、愛媛大学などの研究グループが発表

0715水からマンガン

image from 独立行政法人理化学研究所

独立行政法人理化学研究は、植物の光合成による水分解の仕組みを参考に、中性の水を分解して電子を取り出す「人工マンガン触媒」の開発に成功した。

理研の環境資源科学研究センター東大大学院工学系研究科が共同で研究開発を進めてきたもので、これまで難しかった中性の環境では活性が大きく低下するという問題点を克服したことになる。

水分子は、自然界に最も豊富に存在する電子原の一つだ。植物は、マンガンを含む酵素、生体マンガン酵素を触媒にして光合成を行なう。これまでにも生体マンガン酵素をまねた人工マンガン触媒はあったが、中性環境下では活性が大きく低下していた。

生体マンガン酵素と人工マンガン酵素の活性の違いを詳細に調査した結果、電子と陽子の移動のタイミングに違いがあることが判明。タイミングを調整することで中性環境下でも触媒活性を発揮した。

今回の成功で、水を電子原とした燃料の製造への期待が高まった。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR