水利用に新たな展開。理研、水から電子を取り出すマンガン触媒開発に成功

[ 2014/07/16 ]


水利用に新たな展開。独立行政法人理化学研究所は、水から電子を取り出すマンガン触媒の開発に成功したことを発表した。
(参照:マントルと核の境界付近に水を含んだ鉱物がある可能性が高いことを、愛媛大学などの研究グループが発表

0715水からマンガン

image from 独立行政法人理化学研究所

独立行政法人理化学研究は、植物の光合成による水分解の仕組みを参考に、中性の水を分解して電子を取り出す「人工マンガン触媒」の開発に成功した。

理研の環境資源科学研究センター東大大学院工学系研究科が共同で研究開発を進めてきたもので、これまで難しかった中性の環境では活性が大きく低下するという問題点を克服したことになる。

水分子は、自然界に最も豊富に存在する電子原の一つだ。植物は、マンガンを含む酵素、生体マンガン酵素を触媒にして光合成を行なう。これまでにも生体マンガン酵素をまねた人工マンガン触媒はあったが、中性環境下では活性が大きく低下していた。

生体マンガン酵素と人工マンガン酵素の活性の違いを詳細に調査した結果、電子と陽子の移動のタイミングに違いがあることが判明。タイミングを調整することで中性環境下でも触媒活性を発揮した。

今回の成功で、水を電子原とした燃料の製造への期待が高まった。


関連する記事

アーカイブス

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

大手商社丸紅、ポルトガルに出張所を開設。水関連ビジネスを強化。

2017年5月29日、丸紅株式会社はポルトガルを拠点に、水関連ビジネスを強化、アフリカや南米などでの受注拡大を [&he・・・

記事全文

ナリス化粧品が開発製造した逆浸透膜処理水の需要が拡大。

ナリス化粧品が不純物を通さない逆浸透膜をいう超高性能のフィルラーで濾過した「純水』シトワを製造販売。健康関連や [&he・・・

記事全文

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR