江戸時代の名将、加藤清正が作った球磨川の堰復元計画進行中

[ 2014/07/17 ]


名将であり築城の名手として知られる江戸時代の猛将である加藤清正が作った球磨川の堰復元計画が進んでいる。
(参照:荒川知水資料館、「水門・閘門(こうもん)って何? ~ 役割と変遷 ~」をテーマにした企画展を7月13日まで開催!

0715清正の石積み堰 球磨川下流に復活へ

image from 国土交通省八代河川国道事務所

復元計画が進んでいるのは、初代熊本藩主の加藤清正が江戸時代初期に熊本県の球磨川の下流に築いた石積みの堰。

球磨川は国内でも有数の急流として知られている川で、大雨などによって多くの被害を近隣にもたらしてきた。猛将として名を馳せた加藤清正だが、藤堂高虎と並ぶ築城の名手としても知られている。「土木の神様」とも呼ばれ、居城として築いた熊本城は難攻不落の城として知られている。

名城として知られる熊本城のほかにも入国後、加藤清正はたくさんの治水、土木、干拓工事を手掛けており、球磨川の石積みの堰もその一つ。遥拝堰と呼ばれる石積みの堰は、現在の河口から約9㎞の場所にあり、末広がりの形から「八の字堰」ともいわれている。

八の字型の遥拝堰は、急な流れを弱める効果があり、田畑への引水効率のアップや、下流域の瀬や淵の増加をもたらし、アユなどの野生生物が生息する豊かな自然環境を築いた。

しかし、昭和に入り洪水などで流出したため修復されたが、環境の変化により生態系に変化した。今回の復元計画によって、加藤清正の時代の豊かな自然環境が戻ってくることが期待されている。


関連する記事

アーカイブス

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR