江戸時代の名将、加藤清正が作った球磨川の堰復元計画進行中

[ 2014/07/17 ]


名将であり築城の名手として知られる江戸時代の猛将である加藤清正が作った球磨川の堰復元計画が進んでいる。
(参照:荒川知水資料館、「水門・閘門(こうもん)って何? ~ 役割と変遷 ~」をテーマにした企画展を7月13日まで開催!

0715清正の石積み堰 球磨川下流に復活へ

image from 国土交通省八代河川国道事務所

復元計画が進んでいるのは、初代熊本藩主の加藤清正が江戸時代初期に熊本県の球磨川の下流に築いた石積みの堰。

球磨川は国内でも有数の急流として知られている川で、大雨などによって多くの被害を近隣にもたらしてきた。猛将として名を馳せた加藤清正だが、藤堂高虎と並ぶ築城の名手としても知られている。「土木の神様」とも呼ばれ、居城として築いた熊本城は難攻不落の城として知られている。

名城として知られる熊本城のほかにも入国後、加藤清正はたくさんの治水、土木、干拓工事を手掛けており、球磨川の石積みの堰もその一つ。遥拝堰と呼ばれる石積みの堰は、現在の河口から約9㎞の場所にあり、末広がりの形から「八の字堰」ともいわれている。

八の字型の遥拝堰は、急な流れを弱める効果があり、田畑への引水効率のアップや、下流域の瀬や淵の増加をもたらし、アユなどの野生生物が生息する豊かな自然環境を築いた。

しかし、昭和に入り洪水などで流出したため修復されたが、環境の変化により生態系に変化した。今回の復元計画によって、加藤清正の時代の豊かな自然環境が戻ってくることが期待されている。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR