東日本大震災の被災地、宮城県に絶滅危惧種のゲンゴロウとメダカが戻ってきた

[ 2014/07/18 ]


環境省の調査で、東日本大震災の被災地である宮城県に絶滅危惧種のゲンゴロウメダカが戻ってきていることが判明した。
(参照:9年ぶりに天然記念物の稚魚を確認。淀川に絶滅危惧種に指定されている日本の固有種、イタセンパラが戻ってきた!

0715宮城県ゲンゴロウ

image from 東北地方環境事務所

未曾有の被害をもたらした東日本大震災だが、宮城県の沿岸地域にできた湿地帯に絶滅危惧種に指定されているゲンゴロウやメダカが戻ってきていることが、環境省の調査で判明した。

津波による甚大な被害を受けた東北地方の沿岸部だが、大震災から3年以上が経過した今も変化を続けている。その形態はさまざまで、震災前の状況にもどりつつある場所もあれば、震災前とは全く別の新しい環境が形成されている場所もある。

ゲンゴロウが確認されたのは、宮城県塩釜市の離島。震災前は、ヨシ原だった場所が地盤沈下によって海水と淡水が混じった汽水域が生まれ、ゲンゴロウの誕生につながったとみられている。

一方のメダカは、同じく宮城県名取市で確認された。震災で防潮林が倒れ窪地になった場所に、大雨などのさいに周辺地域から入り込んできたと考えられている。

大震災をものともせず、新しい命の連鎖が続いている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR