国連環境計画、水環境法、生態系の維持に配慮した法整備を呼びかけ:世界水週間

[ 2010/09/20 ]


2010年9月7日、国連環境計画(UNEP)は、ストックホルムで行われている世界水週間において、「水管理法における環境配慮の強化(Greening Water Law)」を発表した。これからの人類にとって、最重要課題の一つは「水危機」である。この報告書は、「水危機」をいかに回避するか、その対策の一つとして、水環境への配慮をベースとした法令の整備を各国、各地域に求めたものだ。

報告書は、人類の生存だけでなく、他の生命を含めた生態系にも必要とされる淡水の枯渇、汚染の現状についても言及している。そして、途上国を中心とした人口急増。工業化、都市化により、飲料水を始め衛生維持、食料生産、経済開発の水需要が増大している。また、人類側の視点だけではなく、動植物にとっても、水はその生態系維持に欠かせないものだ。ここで、人類と他の生態系との間で「水の奪い合い」が発生するケースが増加してきているという。

たとえば湿地の生態系を維持することは、人類にとってもメリットの大きなものである。湿地は独特の生態系を有する希有な環境として知られているが、水の浄化や有害物質の除去の機能を持つなど、人類の経済的な得失から見ても利点が大きい。

当然のことながら、各国政府も単純に事態を傍観している訳ではない。淡水生態系とその周辺環境の永続、維持を考え、人間の生存や経済活動による水需要の増大に対応する方法を探っていることは確かだ。

この報告書「水管理法における環境配慮の強化」では、まず人間と生態系の両側面で水危機に対処するための法整備を必須のものとしている。先例として、オーストラリアパラグアイの「水管理法」がある。この取り組みは第一に人間の基礎需要を、第二に生態系の水需要と重要性を位置づけ、更にその他のすべての用途よりそれを優先させる、という内容である。

国連環境計画の2つの主要課題は、「生態系管理」と「資源の効率的利用および持続可能な消費と生産」である。今回の報告書も、この課題の実現のための活動の一環であり、環境維持と経済発展のバランスを維持しつつ、水利用を行っていけるように各国に呼びかけていくものとなっている。


関連する記事

アーカイブス

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR