和歌山県農業試験場、梅干しの廃液を利用した水田の雑草抑制方法を開発!

[ 2014/08/31 ]


日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県農業試験場は、これまで廃液にしていた梅干しを作るさいにでる調味液で、水田の雑草を抑制する方法を開発した。(参照:天皇陛下が皇居の水田で恒例の田植え

水1
image from 和歌山県農業試験場

和歌山県農場試験場が水田の雑草を抑制するために利用したのは、梅干しを漬けるさい一次加工後にでる液で、梅調味液を呼ばれているもの。

日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県では、年間に約1万8千トンも梅調味液が廃棄されており、産業廃棄物としてコストや処理場の確保が課題になっていた。

廃棄するしかなかった梅調味液を地域資源として有効活用するために、今回、開発された方法は、梅調味液に含まれる糖分などが水中の微生物に分解されるときに酸素が消費されることに注目したもの。水田の表面が酸欠状態になることで雑草の種子が酸素を確保できず、発芽を抑え、発生量を低下することができる。田植え直後と、田植えから7~10日後の2回散布することで効果が得られるという。

化学的な除草剤を使った場合に比べ雑草の量は多くなるが、何もしなかった場合の3分の1に抑えることができる。また、収穫量に変化はないという結果もでている。何よりも安全・安心な低農薬の米が収穫できるのが、消費者にとっては嬉しい。


関連する記事

アーカイブス

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR