和歌山県農業試験場、梅干しの廃液を利用した水田の雑草抑制方法を開発!

[ 2014/08/31 ]


日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県農業試験場は、これまで廃液にしていた梅干しを作るさいにでる調味液で、水田の雑草を抑制する方法を開発した。(参照:天皇陛下が皇居の水田で恒例の田植え

水1
image from 和歌山県農業試験場

和歌山県農場試験場が水田の雑草を抑制するために利用したのは、梅干しを漬けるさい一次加工後にでる液で、梅調味液を呼ばれているもの。

日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県では、年間に約1万8千トンも梅調味液が廃棄されており、産業廃棄物としてコストや処理場の確保が課題になっていた。

廃棄するしかなかった梅調味液を地域資源として有効活用するために、今回、開発された方法は、梅調味液に含まれる糖分などが水中の微生物に分解されるときに酸素が消費されることに注目したもの。水田の表面が酸欠状態になることで雑草の種子が酸素を確保できず、発芽を抑え、発生量を低下することができる。田植え直後と、田植えから7~10日後の2回散布することで効果が得られるという。

化学的な除草剤を使った場合に比べ雑草の量は多くなるが、何もしなかった場合の3分の1に抑えることができる。また、収穫量に変化はないという結果もでている。何よりも安全・安心な低農薬の米が収穫できるのが、消費者にとっては嬉しい。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR