和歌山県農業試験場、梅干しの廃液を利用した水田の雑草抑制方法を開発!

[ 2014/08/31 ]


日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県農業試験場は、これまで廃液にしていた梅干しを作るさいにでる調味液で、水田の雑草を抑制する方法を開発した。(参照:天皇陛下が皇居の水田で恒例の田植え

水1
image from 和歌山県農業試験場

和歌山県農場試験場が水田の雑草を抑制するために利用したのは、梅干しを漬けるさい一次加工後にでる液で、梅調味液を呼ばれているもの。

日本一の梅の収穫量を誇る和歌山県では、年間に約1万8千トンも梅調味液が廃棄されており、産業廃棄物としてコストや処理場の確保が課題になっていた。

廃棄するしかなかった梅調味液を地域資源として有効活用するために、今回、開発された方法は、梅調味液に含まれる糖分などが水中の微生物に分解されるときに酸素が消費されることに注目したもの。水田の表面が酸欠状態になることで雑草の種子が酸素を確保できず、発芽を抑え、発生量を低下することができる。田植え直後と、田植えから7~10日後の2回散布することで効果が得られるという。

化学的な除草剤を使った場合に比べ雑草の量は多くなるが、何もしなかった場合の3分の1に抑えることができる。また、収穫量に変化はないという結果もでている。何よりも安全・安心な低農薬の米が収穫できるのが、消費者にとっては嬉しい。


関連する記事

アーカイブス

トヨタとFuelCell Energy社、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す「Tri-Gen」を建設。

トヨタがFuelCell Energy社と共同で、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す [&he・・・

記事全文

(株)赤ちゃん本舗、「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞2017」を受賞

2017年11月28日、株式会社赤ちゃん本舗は「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞 [&he・・・

記事全文

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR