海外水ビジネス市場へ 日本の水メジャーを目指す荏原エンジニアリングサービス 

[ 2010/09/28 ]


2010年9月24日に、丸三証券海外水ビジネス市場の分析につき、「部店長会議」用資料の中で発表した。それによると、まず海外の水ビジネス市場は、水メジャーといわれるグローバル企業が市場の3割を占有していると解説。その代表的な水メジャーとしては、フランスのヴェオリアやスエズ、米国のGEウォーターなどの名前を挙げている。また、日本に関しては、水道施設の運営管理を長く自治体が実施してきたことから、民間への技術還流がなされておらず、ノウハウの蓄積に弱点があると指摘している。


このような市場状況の中、日本政府は、海外水ビジネスの市場を有望市場とし、2025年には売上ベースで1兆8000億円、市場占有率で6%にまでその規模を拡大する計画をたてている。その中で、日本の自治体、各企業も様々な提携や実際の活動段階に入っている。

2010年4月から荏原製作所の100%子会社だった、荏原エンジニアリングサービスが、三菱商事日揮から33%の出資をうけ、日本の水メジャーを目指すべく、事業展開を開始している。荏原は、海外約50カ国、また海外に対する約500件の機器納入案件こなしている企業である。水処理施設の建設や機器販売に関しては日本におけるパイオニアといっていい企業であり、ODAによる上下水道などのインフラ整備の案件も手がけてきた企業だ。このような、各社の提携の動きも、海外での水ビジネスへの進出を目指し、海外水メジャーと争うためのものであると思われる。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR