ドイツ連邦 下水処理施設が排出するCO2を40%削減可能な技術開発へ

[ 2010/09/28 ]


2010年9月14日、ドイツ連邦環境庁では、Co2削減に関する研究報告を発表。それは、自治体の下水処理施設が排出するCO2を40%まで削減可能であるとするものだ。


この研究報告は、ドイツ連邦環境庁が外部の下水処理技術専門家に委託したものだ。研究報告により、ドイツの地方自治体のエネルギー需要の20%が下水処理によって発生していることがわかった。CO2排出量は年間300万トン。公共施設では最大の発生源であり、エネルギー消費源といえる。

研究では、下水処理におけるエネルギー効率の改善に対し様々な手法を導入。これらの手法が最適化されれば最大でエネルギー需要を20%削減できるとの見通しだ。更には、下水処理の能力を2倍、4倍に高める可能性も示唆されている。これにより、エネルギーの削減だけではなく、60万トンのCo2を削減可能としている。

ドイツ連邦環境庁では、この技術を環境保護の革新的な技術と評価し、「エネルギー効率の高い下水処理施設」を新たに助成対象としている。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR