中央大学、浄水もできるタンパク質チューブを開発

[ 2014/11/07 ]


中央大学理工学部小松晃之教授は、雨水などを飲料水にできる浄水技術を開発した。
(参照:神戸大学、海水から水を取り出す正浸透膜を開発

mizu
Image from midorisyu

小松晃之教授が開発した技術は、タンパク質を何層にも重ねた目では確認できない極細チューブにより実現されるものである。チューブはウィルス等を取り込む性質があり、チューブを生成するタンパク質の成分を変える事で取り込めるウィルスや菌の種類を変化させる事ができる。

雨水等にこのチューブを混ぜることで、水中のウィルスや菌を取り除く事ができ、飲料としても利用まできるまでに浄化する事ができるのである。この浄水方法は、ろ過等他の浄水方法で必要になる特別な設備が必要なくチューブさえあれば実施できる事が特徴だ。

小松晃之教授の技術は、水の浄化に限らず食品の除菌や医療分野での応用も期待されているという。素晴らしい技術の今後を注目して見守りたい。


関連する記事

アーカイブス

建設技術研究所 水災害リスクアラートサービスを開始

2017年3月16日、株式会社建設技術研究所は水災害リスクアラートサービスを開始したと発表した。 (参照:中部 [&he・・・

記事全文

台風で被災の北海道 治水対策に総額約831億円

2017年3月16日、国土交通省北海道開発局は、昨年8月下旬から9月にかけて被災した河川の復旧や治水対策にかか [&he・・・

記事全文

築地市場 漏水で海水供給がストップ

2017年3月17日、築地市場で店舗や保管所などの床の清掃や水槽に使う海水が供給されなくなる事態に陥った。 ( [&he・・・

記事全文

黒部市 小水力発電所「黒瀬川発電所」が完成

2017年2月27日、富山県黒部市が整備していた小水力発電所、黒瀬川発電所が完成し開所式が行われた。 (参照: [&he・・・

記事全文

メガハウス 水で肌に絵を転写できる「ボディーアートジュエル」の発売を発売

2017年3月9日、株式会社メガハウスは、水を使って肌に絵を転写することができる女の子向けおもちゃ「ボディーア [&he・・・

記事全文

経済産業省 「水ビジネスの今後の海外展開の方向性」を公表

2017年3月13日、経済産業省が「水ビジネスの今後の海外展開の方向性」を公表した。 (参照:中部電力 安倍川 [&he・・・

記事全文

中部電力 安倍川水力発電所の建設計画を発表

2017年3月2日、中部電力株式会社は安倍川水力発電所の建設を計画したと発表した。 (参照:東京電力 地震で核 [&he・・・

記事全文

航空自衛隊 千歳川において操縦者等冬季水上保命訓練を行う

2017年3月9日、航空自衛隊千歳基地は千歳川において操縦者等冬季水上保命訓練を行った。 (参照:カルフォルニ [&he・・・

記事全文

湖がピンク オーストラリアメルボルン市の塩水湖が変色

オーストラリアの南部、メルボルン市近郊にある塩水湖の水がピンクに染まり話題を呼んでいる。 (参照:堀場製作所 [&he・・・

記事全文

東京電力フュエル&パワー JFEエンジニアリングと上下水道等のインフラサービスで提携

2017年2月28日、東京電力フュエル&パワー株式会社はJFEエンジニアリング株式会社と、再生可能エネルギーと [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR