世界の地下水、40年間で年間消失量が2.2倍へ 1年間で毎年琵琶湖10個分が消えてなくなる

[ 2010/09/30 ]


現在、世界の地下水はものすごい勢いで消えてなくなっている。毎年、琵琶湖10個分という勢いだ。この地下水の危機的状況について、オランダ・ユトレヒト大などの研究チームの分析で分かった。特に経済成長の著しい、中国やインドなど新興国で顕著である。今後、地球規模での食糧生産、水資源の確保に大きく陰をさしそうなデータである。詳細は近くアメリカの地球物理学会誌に発表される。


1年間に地球上の地下水は琵琶湖10個分消える


地下水は地球の淡水の30%を占める。それより多い極地の水資源は氷の状態であり、地下水の資源としての存在価値は極めて大きいといえる。同大の研究チームは、降水量、気温、蒸発量、気象データ、農業の水需要の量などを元に、地下水の消失量をシミュレート。その結果が、前述のように毎年琵琶湖10個の消失ということだ。

この結果は地域別に見ると、インド北西部、中国北東部などの新興国の人口急増地域。更に、米国中西部の穀倉地帯でも顕著な結果が出た。更に、この地下水の消失は、地盤を毎年0.8ミリ沈下させることになり、温暖化による海面上昇と合わせ、防災上も危険と指摘している。


関連する記事

アーカイブス

全国の小中学校で新生活様式に対応した水対策加速

全国の小中学校で新生活様式に対応した設備・水対策が加速 (参照:(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使 [&he・・・

記事全文

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水がよみがえる 中学生の提案で

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水を再整備、池の透明度3倍に 中学生の提案 (参照: 文化庁 京都の近代化に貢 [&he・・・

記事全文

アサヒ 工場排水からのバイオガスを活用した長時間連続発電に成功

アサヒ 工場排水から発生するバイオガスで長時間連続発電に成功 (参照:宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反 [&he・・・

記事全文

西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発

西松建設(株) 水中ポンプ無人監視システム「Newt」開発 トンネル工事の湧水対策で (参照:クボタ機工(株) [&he・・・

記事全文

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR