マグロ養殖に「好適環境水」 将来は地下水を利用して山村での養殖も可能に?

[ 2010/10/01 ]


岡山市にある加計学園・生命動物教育センターの養殖魚研究施設では、体長30センチのマグロが、同心円模様のかかれた水槽をぐるぐると泳いでいる。この同心円模様は、コントラストの強い模様によって、魚の習性を利用し、衝突を防ぐためのものだ。しかし、この水槽のこのような見た目だけの工夫ではなく、水にも大きな秘密がある。養殖に使われているのは海水ではない。ここでは特殊な水が使われている。「好適環境水」というものだ。

好適環境水」は岡山理科大山本俊政准教授が中心となって研究をしている海水を使わずに海水魚を養殖できる水である。海水魚と淡水魚が同じ水槽内で泳ぐことができるという不思議な水であり、2007年には映画のキャンペーンに合わせて、岡山駅にニシキゴイとサワラが一緒に泳ぐ水槽が設置された。

「好適環境水」は浸透圧調整にカリウムなどの電解質を淡水に加えたものだ。これにより、海水なしでも海水魚の養殖が可能となるという。地下水の利用ができれば、山村でマグロの養殖ということも可能になるということだ。わざわざ海水を運ぶ必要がないので、コストの面でも優れていると言われている。

まだ養殖に関しては、水質以外の問題も多々あり、簡単にはいかないであろうが、将来は山から出荷されるマグロや養殖魚が出てくるかもしれない。


関連する記事

アーカイブス

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR