【コラム】釧路の未来のこどもに何が残せるか?―釧路ウォーターアートプロジェクト代表:吉田氏―

[ 2010/10/02 ]


―釧路ウォーターアートプロジェクト―

こんにちは、釧路ウォーターアートプロジェクト代表の吉田勝幸と申します。よろしくお願いします。今回は初回のため、プロジェクトの概要について簡単に説明しようと思います。(参考:釧路ウォーターアートプロジェクト 21世紀は水の世紀、水資源の豊富な釧路は未来への水先案内人に

北海道の東南部に位置する北海道釧路市は日本最大の釧路湿原があり、1980年6月にラムサール条約*の日本第1号登録湿地として認定をうけました。過去には「13年連続水揚げ量日本1位」という漁業の街でもあります。

釧路ウォーターアートプロジェクトは『釧路の未来のこどもに何が残せるか?』という理念のもと、今ある水を未来へそのまま残したいと考えました。そして以前からお願いをしていた世界的な環境アーティスト池田一さんをプロデューサーに迎え、海・川・湿原の水資源が豊富な釧路で、水に関わる環境問題をアートというフィルターを通して発信していきたいと考えております。


―市民参加型プロジェクト―

3カ年計画のこのプロジェクトは、初年度として釧路市民の想いを共有したいと考えました。

池田一さんの過去の作品を展示したアートギャラリーカフェを1日限定でつくり、講演やワークショップなどを行いました。新しい仲間が出来、やれることの幅が広がりました。

池田さんと3日間釧路市を調査し、1年目で何が出来るかを共に考えた結果、ウォーターマップを市民の手でつくることにしました。題して「釧路Water watching アートマップ・・・釧路scopeです。

釧路の川や海や湿原はとても複雑です。釧路湿原の周辺には、様々な動植物が生息しています。さらには、海の中を掘る太平洋の炭坑が今でも稼働していますし、水害が起きて出来た水門があるなど、様々な歴史的背景があり、今もそれが残されています。これらをマップに落とし込み、市民参加型アートとして大きなウォーターマップの完成を目指します。



ある程度の生活水準を維持するには1日最低80リットルが必要-青色のテープは会場のスペースを囲ったときに何人分の使用量になるかをはかったもの(正解525人分)



ラムサール条約―正式名称「特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約
「国際的に重要な湿地を国際協力を通じて保全することを目的とし、水鳥の生息地のみならず、湿地がもつ機能・資源・価値を将来にわたって維持」していこうとする条約です。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR