【コラム】釧路の未来のこどもに何が残せるか?―釧路ウォーターアートプロジェクト代表:吉田氏―

[ 2010/10/02 ]


―釧路ウォーターアートプロジェクト―

こんにちは、釧路ウォーターアートプロジェクト代表の吉田勝幸と申します。よろしくお願いします。今回は初回のため、プロジェクトの概要について簡単に説明しようと思います。(参考:釧路ウォーターアートプロジェクト 21世紀は水の世紀、水資源の豊富な釧路は未来への水先案内人に

北海道の東南部に位置する北海道釧路市は日本最大の釧路湿原があり、1980年6月にラムサール条約*の日本第1号登録湿地として認定をうけました。過去には「13年連続水揚げ量日本1位」という漁業の街でもあります。

釧路ウォーターアートプロジェクトは『釧路の未来のこどもに何が残せるか?』という理念のもと、今ある水を未来へそのまま残したいと考えました。そして以前からお願いをしていた世界的な環境アーティスト池田一さんをプロデューサーに迎え、海・川・湿原の水資源が豊富な釧路で、水に関わる環境問題をアートというフィルターを通して発信していきたいと考えております。


―市民参加型プロジェクト―

3カ年計画のこのプロジェクトは、初年度として釧路市民の想いを共有したいと考えました。

池田一さんの過去の作品を展示したアートギャラリーカフェを1日限定でつくり、講演やワークショップなどを行いました。新しい仲間が出来、やれることの幅が広がりました。

池田さんと3日間釧路市を調査し、1年目で何が出来るかを共に考えた結果、ウォーターマップを市民の手でつくることにしました。題して「釧路Water watching アートマップ・・・釧路scopeです。

釧路の川や海や湿原はとても複雑です。釧路湿原の周辺には、様々な動植物が生息しています。さらには、海の中を掘る太平洋の炭坑が今でも稼働していますし、水害が起きて出来た水門があるなど、様々な歴史的背景があり、今もそれが残されています。これらをマップに落とし込み、市民参加型アートとして大きなウォーターマップの完成を目指します。



ある程度の生活水準を維持するには1日最低80リットルが必要-青色のテープは会場のスペースを囲ったときに何人分の使用量になるかをはかったもの(正解525人分)



ラムサール条約―正式名称「特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約
「国際的に重要な湿地を国際協力を通じて保全することを目的とし、水鳥の生息地のみならず、湿地がもつ機能・資源・価値を将来にわたって維持」していこうとする条約です。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR