【コラム】釧路の未来のこどもに何が残せるか?―釧路ウォーターアートプロジェクト代表:吉田氏―

[ 2010/10/02 ]


―釧路ウォーターアートプロジェクト―

こんにちは、釧路ウォーターアートプロジェクト代表の吉田勝幸と申します。よろしくお願いします。今回は初回のため、プロジェクトの概要について簡単に説明しようと思います。(参考:釧路ウォーターアートプロジェクト 21世紀は水の世紀、水資源の豊富な釧路は未来への水先案内人に

北海道の東南部に位置する北海道釧路市は日本最大の釧路湿原があり、1980年6月にラムサール条約*の日本第1号登録湿地として認定をうけました。過去には「13年連続水揚げ量日本1位」という漁業の街でもあります。

釧路ウォーターアートプロジェクトは『釧路の未来のこどもに何が残せるか?』という理念のもと、今ある水を未来へそのまま残したいと考えました。そして以前からお願いをしていた世界的な環境アーティスト池田一さんをプロデューサーに迎え、海・川・湿原の水資源が豊富な釧路で、水に関わる環境問題をアートというフィルターを通して発信していきたいと考えております。


―市民参加型プロジェクト―

3カ年計画のこのプロジェクトは、初年度として釧路市民の想いを共有したいと考えました。

池田一さんの過去の作品を展示したアートギャラリーカフェを1日限定でつくり、講演やワークショップなどを行いました。新しい仲間が出来、やれることの幅が広がりました。

池田さんと3日間釧路市を調査し、1年目で何が出来るかを共に考えた結果、ウォーターマップを市民の手でつくることにしました。題して「釧路Water watching アートマップ・・・釧路scopeです。

釧路の川や海や湿原はとても複雑です。釧路湿原の周辺には、様々な動植物が生息しています。さらには、海の中を掘る太平洋の炭坑が今でも稼働していますし、水害が起きて出来た水門があるなど、様々な歴史的背景があり、今もそれが残されています。これらをマップに落とし込み、市民参加型アートとして大きなウォーターマップの完成を目指します。



ある程度の生活水準を維持するには1日最低80リットルが必要-青色のテープは会場のスペースを囲ったときに何人分の使用量になるかをはかったもの(正解525人分)



ラムサール条約―正式名称「特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約
「国際的に重要な湿地を国際協力を通じて保全することを目的とし、水鳥の生息地のみならず、湿地がもつ機能・資源・価値を将来にわたって維持」していこうとする条約です。


関連する記事

アーカイブス

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 抗肥満効果など

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 大分大学医学部と共同研究 (参照: アサヒ飲料(株) 「 [&he・・・

記事全文

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR