水素水サーバーってどんなもの?ー水素水サーバー注目の理由とは 

[ 2015/04/20 ]


「水素水サーバー」という言葉は、水素水を生成する機械一般を示す大変意味の広い言葉である。したがって、一言で水素水サーバーといっても実は沢山の種類がある。
(参照:水素水の効能ー体の活性酸素を取り除く方法とは!?美容や健康にも良い!

水素水サーバー

image from Fox キヨ

水道管や蛇口に直結させるタイプや、持ち運べるコンパクトなもの、ウォーターサーバーのようにボトルを置くタイプ等があり、自宅へと検討する際には、家庭の状況に合わせたものを選ぶ必要がある。最近この水素水サーバーが注目を集めているが、それにはいくつかの理由がある。

その1つ目は、水素水の新鮮さだ。ペットボトル等の市販の水素水は生成から飲むまで時間がかかり、飲む頃には肝心の水素が抜けていたという事もあったが、水素水サーバーは水を出す時に水素を生成するので、出来立ての水素水を飲む事ができるのだ。

2つ目は、手軽さだ。水素水の生成には水素水サーバーを利用する以外に、水素棒を水に沈めて時間を置く、水素粉を水に混ぜる等の方法があるが、どれも手間がかかる。一方、水素水サーバーは、スイッチを押すだけで水素水が出てくるので、水道水を飲む感覚で水素水を飲む事ができるのだ。

3つ目は、経済性だ。仮に市販の水素水500mlを1日一本飲むとすると、安いものでも6千円程度の費用が必要だ。一方の水素水サーバーは、10万円から60万円程度と本体価格だけみると割高である。しかし月々5千円程度でレンタルする事もでき、また一台あると、家族分の水素水も賄うことができる

例えば3人家族が市販品をひと月飲むと1万8千円程かかるものが、水素水サーバー場合をレンタルした場合は5千円程度で済むわけだ。もちろん水素水サーバーの設置には初期費用やフィルター代等がかかる事もあるが、複数で使えて、飲用以外にも料理用、美容用と贅沢に使える事を考えると、市販品を購入し続けるより経済的といえる。

新鮮な水素水を手軽かつ経済的に飲む事ができる、このような特徴から水素水サーバーは美容に意識の高い人だけではなく、健康を気遣う幅広い人々の間で注目される存在となっている。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR