水素水サーバーってどんなもの?ー水素水サーバー注目の理由とは 

[ 2015/04/20 ]


「水素水サーバー」という言葉は、水素水を生成する機械一般を示す大変意味の広い言葉である。したがって、一言で水素水サーバーといっても実は沢山の種類がある。
(参照:水素水の効能ー体の活性酸素を取り除く方法とは!?美容や健康にも良い!

水素水サーバー

image from Fox キヨ

水道管や蛇口に直結させるタイプや、持ち運べるコンパクトなもの、ウォーターサーバーのようにボトルを置くタイプ等があり、自宅へと検討する際には、家庭の状況に合わせたものを選ぶ必要がある。最近この水素水サーバーが注目を集めているが、それにはいくつかの理由がある。

その1つ目は、水素水の新鮮さだ。ペットボトル等の市販の水素水は生成から飲むまで時間がかかり、飲む頃には肝心の水素が抜けていたという事もあったが、水素水サーバーは水を出す時に水素を生成するので、出来立ての水素水を飲む事ができるのだ。

2つ目は、手軽さだ。水素水の生成には水素水サーバーを利用する以外に、水素棒を水に沈めて時間を置く、水素粉を水に混ぜる等の方法があるが、どれも手間がかかる。一方、水素水サーバーは、スイッチを押すだけで水素水が出てくるので、水道水を飲む感覚で水素水を飲む事ができるのだ。

3つ目は、経済性だ。仮に市販の水素水500mlを1日一本飲むとすると、安いものでも6千円程度の費用が必要だ。一方の水素水サーバーは、10万円から60万円程度と本体価格だけみると割高である。しかし月々5千円程度でレンタルする事もでき、また一台あると、家族分の水素水も賄うことができる

例えば3人家族が市販品をひと月飲むと1万8千円程かかるものが、水素水サーバー場合をレンタルした場合は5千円程度で済むわけだ。もちろん水素水サーバーの設置には初期費用やフィルター代等がかかる事もあるが、複数で使えて、飲用以外にも料理用、美容用と贅沢に使える事を考えると、市販品を購入し続けるより経済的といえる。

新鮮な水素水を手軽かつ経済的に飲む事ができる、このような特徴から水素水サーバーは美容に意識の高い人だけではなく、健康を気遣う幅広い人々の間で注目される存在となっている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR