水素水サーバーってどんなもの?ー水素水サーバー注目の理由とは 

[ 2015/04/20 ]


「水素水サーバー」という言葉は、水素水を生成する機械一般を示す大変意味の広い言葉である。したがって、一言で水素水サーバーといっても実は沢山の種類がある。
(参照:水素水の効能ー体の活性酸素を取り除く方法とは!?美容や健康にも良い!

水素水サーバー

image from Fox キヨ

水道管や蛇口に直結させるタイプや、持ち運べるコンパクトなもの、ウォーターサーバーのようにボトルを置くタイプ等があり、自宅へと検討する際には、家庭の状況に合わせたものを選ぶ必要がある。最近この水素水サーバーが注目を集めているが、それにはいくつかの理由がある。

その1つ目は、水素水の新鮮さだ。ペットボトル等の市販の水素水は生成から飲むまで時間がかかり、飲む頃には肝心の水素が抜けていたという事もあったが、水素水サーバーは水を出す時に水素を生成するので、出来立ての水素水を飲む事ができるのだ。

2つ目は、手軽さだ。水素水の生成には水素水サーバーを利用する以外に、水素棒を水に沈めて時間を置く、水素粉を水に混ぜる等の方法があるが、どれも手間がかかる。一方、水素水サーバーは、スイッチを押すだけで水素水が出てくるので、水道水を飲む感覚で水素水を飲む事ができるのだ。

3つ目は、経済性だ。仮に市販の水素水500mlを1日一本飲むとすると、安いものでも6千円程度の費用が必要だ。一方の水素水サーバーは、10万円から60万円程度と本体価格だけみると割高である。しかし月々5千円程度でレンタルする事もでき、また一台あると、家族分の水素水も賄うことができる

例えば3人家族が市販品をひと月飲むと1万8千円程かかるものが、水素水サーバー場合をレンタルした場合は5千円程度で済むわけだ。もちろん水素水サーバーの設置には初期費用やフィルター代等がかかる事もあるが、複数で使えて、飲用以外にも料理用、美容用と贅沢に使える事を考えると、市販品を購入し続けるより経済的といえる。

新鮮な水素水を手軽かつ経済的に飲む事ができる、このような特徴から水素水サーバーは美容に意識の高い人だけではなく、健康を気遣う幅広い人々の間で注目される存在となっている。


関連する記事

アーカイブス

高知県中土佐町 指定避難所に空気から水をつくる空気製水機を設置 国内初

高知県中土佐町 指定避難所に空気製水機を国内で初めて設置 アクアム社製 (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水確 [&he・・・

記事全文

(株)コバテクノロジー 銀イオン水溶液を開発、販売開始 除菌効果も

(株)コバテクノロジー 除菌効果が期待できる銀イオン水溶液を開発、販売開始 (参照:名古屋大学、九州大学 1滴 [&he・・・

記事全文

大衛(株) パイロジェンフリー水使用の化粧品『ANCLVIS』発売へ

大衛(株) 医療用パイロジェンフリー水使用の化粧品『ANCLVIS』発売へ (参照:(株) P.G.C.D. [&he・・・

記事全文

いなべ市 アンダーパス冠水対策として停電時に自家発電できる排水ポンプを整備

いなべ市 停電時のアンダーパス冠水対策として自家発電排水ポンプと遮断機を整備 (参照:ホクレン 災害時の牛の飲 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラシステム 「い・ろ・は・す」を100%再生ペットボトルで販売へ

コカ・コーラシステム 「い・ろ・は・す 天然水 100%リサイクルペットボトル」販売へ (参照: アサヒ飲料( [&he・・・

記事全文

赤穂化成(株) 手軽にマグネシウムが補える水「マグネシウムウォーター」販売開始

赤穂化成(株) 栄養機能食品の硬水「マグネシウムウォーター」の販売を開始 (参照: 日田天領水 長期飲用のマウ [&he・・・

記事全文

(株)島津製作所 水中での高速無線システムを販売へ

(株)島津製作所 水中高速無線通信システム販売へ、海洋研究開発機構と共同開発 (参照:(株)Rist AI水質 [&he・・・

記事全文

サントリービール(株) 天然水100%使用の第三のビール「サントリーブルー」発売へ

サントリービール(株) 新第三のビール「サントリーブルー」発売へ 天然水100%使用 (参照:アスクル(株)  [&he・・・

記事全文

大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良(さんら)立坑」の建設進む

大阪府 地下河川「寝屋川北部地下河川讃良(さんら)立坑」の建設進む (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による [&he・・・

記事全文

関西エアポート(株) 伊丹空港に地下水浄水処理施設を新設する計画

関西エアポート(株) 伊丹空港に地下水浄水処理施設を新設 2月末より本格運用へ (参照:日立 国内の上下水道向 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR