水素水の効能ー体の活性酸素を取り除く方法とは!?美容や健康にも良い! 

[ 2015/04/20 ]


水素水の効能を一言で表せば、体の活性酸素を取り除くという言葉につきる。活性酸素とは体の正常な働きを妨げ、シミやシワ等の老化現象を進めるとされる他、ガンや糖尿病をはじめ心筋こうそく、不整脈、動脈硬化、肺炎、脳こうそく、じん炎、ぜんそく等、多くの病気を引き起こすともいわれている。
(参照:水素水サーバーってどんなもの?ー水素水サーバー注目の理由とは

水素水サーバー1

image from Janet Ramsden

水素水は、活性酸素を取り除く事で、これらの症状や病気の予防になると考えられているのだ。ここで、そもそも活性酸素を体内に作らなければよいという考えもあるだろう。

しかし、活性酸素はタバコの吸いすぎや激しいスポーツ等の他、紫外線を浴びることやストレス等、日常の何気ない行動でも発生するので、生きていく上で活性酸素との付き合いは避けて通れないのが実情だ。

では、水素水はどのようにして体の活性酸素を取り除いていくのだろうか。この答えは科学の中にある。中学生の頃に、酸素(O)と水素(H2)が結び付くと、水(H2O)に変化するというのを習った事を覚えているだろうか。

水素水で活性酸素が除去する方法は、この現象を利用したものなのである。つまり、活性酸素(O)が水素水の水素(H2)と結びつき水(H2O)となり、この水が汗や尿として体の外に排出されるというわけだ。

なお、水素には原子の中でも最も小さな物質という特徴がある。この特徴を利用して水素は、体の隅々まで活性酸素を追いかけて結合する事ができるという点で、他の活性酸素を除去できるといわれる物質よりも優れている。

また最近では、水素水を飲み続ける事で発生する活性酸素の量が少なくなったとする研究報告もあり、水素水が活性酸素の除去だけではなく、活性酸素発生量を少なくする「予防」にも役立つのではないかと期待する声も高まっている。

シミやシワの原因となり、様々な病気の引き金ともなる活性酸素。この美容や健康の大敵である活性酸素の除去に効率的に力を発揮する水素水は、美容や健康に意識の高い幅広い世代に注目を浴びる存在となっている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR