水を考えるプロジェクト 「全国47都道府県 水についての意識実態調」の結果を公表

[ 2015/04/27 ]


2015年4月21日、水を考えるプロジェクト「全国47都道府県 水についての意識実態調」の結果を公表した。
(参照:水を考えるプロジェクト 「水のトレーサビリティや安全性に関する調査」の結果を発表

nnnnnn

Image from 水を考えるプロジェクトのホームページ

水を考えるプロジェクトは、水の情報の発信や、飲み水へ対する意識向上を啓蒙する活動を行うプロジェクトで、今回は地元の水が美味しいと思うか、水の安全性に関する意識等の調査を行った。

このうち地元の水を美味しいと感じているかという調査では、1位に熊本県、鳥取県、富山県がならび、4位に青森県と石川県という結果が出た。また地元の水への満足度の調査では、1位が富山県、2位に青森県、熊本県が並び4位に鳥取県という結果がでており、水を美味しいと感じている県ほど、地元の水への満足度も高い傾向にある事が分った。

また水の安全意識に対する調査では、1位に熊本県、2位に埼玉県、3位に山梨県、福岡県、徳島県が並んだ。この調査では、地元の水を美味しいと感じているかの調査で44位の埼玉県と46位の福岡県では水道水を飲用に使用する人が25パーセントにとどまり、浄水器、ミネラルウォーターの利用率が高い事が判明した。

今回の調査で、熊本県が美味しさ、満足度、安全性など、水に対する意識が高い事ッ分った。これについて水ジャーナリストの橋本淳司氏は「熊本の人は地元の水の味に誇りをもっている。と同時に安全面への意識も高く、安全な水を自分たちで守るとりくみをしている。」とコメントしている。

今回の調査結果の詳細は水を考えるプロジェクトのホームページで見る事が可能だ。


関連する記事

アーカイブス

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 大賞は生駒市

Refill Japan「Refill Japan給水スポット大賞2020」受賞団体決定 生駒市が大賞を受賞 (参照:西・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR