愛媛大学大学院教授 雑草による水や土の浄化、汚染物質を吸収を研究

[ 2010/10/10 ]


2009年9月から、愛媛大学大学院の榊原正幸教授は、中国地方にある銅鉱山の跡地である実験を実施している。
その実験とは、雑草マツバイを使った、水、土の浄化、汚染物質の吸収に関するものである。
銅山跡地の土壌における、環境基準値の6倍を超えるヒ素濃度を10%減らすことができれば実験は成功となる。

研究そのものは、2004年ごろから開始。マツバイの仲間が重金属をよく吸収するというメキシコ研究者の論文が契機となったとのことだ。マツバイはカヤツリグサ科の多年草。全国の用水路やため池などで普通に見かけるいわゆる「雑草」である。この雑草が、土壌に含まれる重金属を吸収し固定する。

同教授が廃坑から採取した汚染土にマツバイを植えたところ、銅、亜鉛、ヒ素、カドミウムなどを蓄積することが分かった。また、一度蓄積された有害物質は、マツバイが枯れても、水や土に還りにくく、固定されていることも分かった。
この、方式が実用化された場合、国内の田畑や鉱山跡地などの土壌汚染に対し、従来の対策に比べ、非常に安価な対策となるといわれている。


関連する記事

アーカイブス

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

大型台風19号が日本列島に接近中 国が断水対策や停電対策を呼びかけ

大型台風19号(ハギビス)が日本列島に接近 国が断水対策や停電対策を呼びかけ (参照:DCMホールディングス  [&he・・・

記事全文

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ 三重県内初

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味 [&he・・・

記事全文

WHO 飲料水の微小プラ問題は浄化装置除去、影響なしと発表

WHO 飲料水の微小プラ問題、影響なしと発表 (参照:ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類 [&he・・・

記事全文

山陰海岸ジオパーク館 川の働きについて紹介する新しい実験装置を導入

山陰海岸ジオパーク館 川の働きが学べる実験装置を新たに導入 (参照:小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水 [&he・・・

記事全文

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水中のウイルス吸着を確認

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水の浄化への取り組み進める (参照:Watergen USA 車 [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国のローソンで発売

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水「キリン サプリ プロテイン」を全国のローソンで発売 (参照:名古屋 [&he・・・

記事全文

サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ

米 サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ (参照:セブンイレブン ジェイデン・スミスが手掛 [&he・・・

記事全文

熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

熊本市 地震支援物資の水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索中 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導 [&he・・・

記事全文

TOKAI 災害時に生活水と電気を自給自足できる住宅を販売へ

TOKAI 雨水から生活水、太陽光で電力を生み出す自給自足できる住宅を販売へ (参照:Watergen USA [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR