滋賀県で「第26回水郷水都全国会議」開催 治水と水辺環境と人の関係について意見交換

[ 2010/10/11 ]


2010年10月9日から10日にかけ、滋賀県栗東市で「第26回水郷水都全国会議」が開催された。水郷水都全国会議は1984年の世界湖沼会議に参加した 市民の交流をきっかけとしてスタートし、今年で26回目を迎える。治水や水環境の問題について取り組んできた会議である。主催は水郷水都全国会議

今年の会議のテーマは「水辺と人の関係づくり」。独自の河川、治水政策を推進している滋賀県の嘉田由紀子知事が基調講演を行い、既存の治水政策の限界を指摘。治水の選択肢を増やすような、川の外の対応をいかにすべきかについて主張した。

会議では、市民、専門家、行政関係者など110人の参加者が、治水や水辺環境と人の関係について意見交換を行った。

更に各地の水環境に対する活動報告もなされた。琵琶湖の水辺環境を守る人々の活動などを始め、佐賀平野の治水に対する伝統的な知恵徳島県吉野川流域における、河川環境を守る次世代教育などが紹介された。

この水郷水都全国会議のテーマである「水辺と人の関係づくり」は、この会議に限ったことではなく、これからの未来にとって、普遍的なテーマになるものと思われる。


関連する記事

アーカイブス

福光屋 日本酒の仕込み水で作った炭酸水を発売

福光屋 日本酒の仕込み水で作った無糖の炭酸水を発売 (参照:キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国の [&he・・・

記事全文

大型台風19号が日本列島に接近中 国が断水対策や停電対策を呼びかけ

大型台風19号(ハギビス)が日本列島に接近 国が断水対策や停電対策を呼びかけ (参照:DCMホールディングス  [&he・・・

記事全文

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ 三重県内初

四日市市 応急給水栓として水供給できる消火栓配備へ (参照:熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味 [&he・・・

記事全文

WHO 飲料水の微小プラ問題は浄化装置除去、影響なしと発表

WHO 飲料水の微小プラ問題、影響なしと発表 (参照:ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類 [&he・・・

記事全文

山陰海岸ジオパーク館 川の働きについて紹介する新しい実験装置を導入

山陰海岸ジオパーク館 川の働きが学べる実験装置を新たに導入 (参照:小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水 [&he・・・

記事全文

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水中のウイルス吸着を確認

ソニー もみ殻由来の炭素材料「トリポーラス」で水の浄化への取り組み進める (参照:Watergen USA 車 [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水を全国のローソンで発売

キリンビバレッジ プロテイン入り清涼飲料水「キリン サプリ プロテイン」を全国のローソンで発売 (参照:名古屋 [&he・・・

記事全文

サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ

米 サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲料水の販売禁止へ (参照:セブンイレブン ジェイデン・スミスが手掛 [&he・・・

記事全文

熊本市 震災で寄せられた飲料水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索

熊本市 地震支援物資の水130トンがほぼ賞味期限切れ、活用方法を模索中 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導 [&he・・・

記事全文

TOKAI 災害時に生活水と電気を自給自足できる住宅を販売へ

TOKAI 雨水から生活水、太陽光で電力を生み出す自給自足できる住宅を販売へ (参照:Watergen USA [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR