滋賀県で「第26回水郷水都全国会議」開催 治水と水辺環境と人の関係について意見交換

[ 2010/10/11 ]


2010年10月9日から10日にかけ、滋賀県栗東市で「第26回水郷水都全国会議」が開催された。水郷水都全国会議は1984年の世界湖沼会議に参加した 市民の交流をきっかけとしてスタートし、今年で26回目を迎える。治水や水環境の問題について取り組んできた会議である。主催は水郷水都全国会議

今年の会議のテーマは「水辺と人の関係づくり」。独自の河川、治水政策を推進している滋賀県の嘉田由紀子知事が基調講演を行い、既存の治水政策の限界を指摘。治水の選択肢を増やすような、川の外の対応をいかにすべきかについて主張した。

会議では、市民、専門家、行政関係者など110人の参加者が、治水や水辺環境と人の関係について意見交換を行った。

更に各地の水環境に対する活動報告もなされた。琵琶湖の水辺環境を守る人々の活動などを始め、佐賀平野の治水に対する伝統的な知恵徳島県吉野川流域における、河川環境を守る次世代教育などが紹介された。

この水郷水都全国会議のテーマである「水辺と人の関係づくり」は、この会議に限ったことではなく、これからの未来にとって、普遍的なテーマになるものと思われる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR