日産自動車株式会社と国際連合大学高等研究所が連携しレポート発行 水資源使用量の削減などの課題に挑む

[ 2010/10/13 ]


2010年10月12日、日産自動車株式会社は同社中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」において、国際連合大学高等研究所との共同研究成果がまとまったと発表した。「ニッサン・グリーンプログラム 2010」では、2007年から生態系と生物多様性と自動車セクターの関わりについて研究してきた。この研究成果については、レポートとして発行されるとともに、日産自動車株式会社のサイト上でも公開される。


本研究は、国連が提示したミレニアム生態系評価に基づき、「企業のための生態系サービス評価」の手法を用いて、資源の利用、自動車の製造、自動車が利用された場合における、生態系サービスとの関わりを評価してものとなっている。簡単に言えば、自動車ビジネスが、どれだけ生態系サービスに依存し、そして生態系にどのような影響を与えているのかを研究したものだ。

その結果として、自動車メーカとしての、重点課題3点を挙げている。それは、「エネルギーの調達」、「材料資源の調達」、更には「水資源の利用」だ。この結論にあるように、工業の生産、また製造物の運用、廃棄すべての局面で、水は不可欠のものである。

「ビジネスと生物多様性」については、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の議題の一つに挙がっている。今後、日産自動車株式会社は、本研究の結果を生かし、省資源化、代替エネルギーへの転換、材料資源採掘量の削減、そして水資源使用量の削減といった課題に取り組んでいくとのことだ。


関連する記事

アーカイブス

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR