日産自動車株式会社と国際連合大学高等研究所が連携しレポート発行 水資源使用量の削減などの課題に挑む

[ 2010/10/13 ]


2010年10月12日、日産自動車株式会社は同社中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」において、国際連合大学高等研究所との共同研究成果がまとまったと発表した。「ニッサン・グリーンプログラム 2010」では、2007年から生態系と生物多様性と自動車セクターの関わりについて研究してきた。この研究成果については、レポートとして発行されるとともに、日産自動車株式会社のサイト上でも公開される。


本研究は、国連が提示したミレニアム生態系評価に基づき、「企業のための生態系サービス評価」の手法を用いて、資源の利用、自動車の製造、自動車が利用された場合における、生態系サービスとの関わりを評価してものとなっている。簡単に言えば、自動車ビジネスが、どれだけ生態系サービスに依存し、そして生態系にどのような影響を与えているのかを研究したものだ。

その結果として、自動車メーカとしての、重点課題3点を挙げている。それは、「エネルギーの調達」、「材料資源の調達」、更には「水資源の利用」だ。この結論にあるように、工業の生産、また製造物の運用、廃棄すべての局面で、水は不可欠のものである。

「ビジネスと生物多様性」については、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の議題の一つに挙がっている。今後、日産自動車株式会社は、本研究の結果を生かし、省資源化、代替エネルギーへの転換、材料資源採掘量の削減、そして水資源使用量の削減といった課題に取り組んでいくとのことだ。


関連する記事

アーカイブス

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」発売

コカ・コーラシステム 強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」5月発売[ 2021/06/22 ]

記事全文

(株)サーフレジェンド 海専門の気象情報サービスにリアルタイム風予報を追加

(株)サーフレジェンド 海の気象情報「マリンウェザー海快晴」に風の新機能追加[ 2021/06/19 ]

記事全文

Apple社 水辺や水中での動作モードの自動切り替えで米特許を取得

Apple社 水辺や水中で動作モードを自動切り替えするスマホ 特許を取得 [ 2021/06/17 ]

記事全文

「From AQUA」 業務用商品「From AQUA リターナブル瓶」2021年4月発売開始

「From AQUA」 「From AQUA リターナブル瓶」発売開始 ホテルや飲食店向け[ 2021/06/14 ]

記事全文

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 6月22日~7月7日まで 

豊かで清らかな「水」でつながる「にっぽんのKIREI」展開催 東京都昭島市にて[ 2021/06/12 ]

記事全文

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認

滋賀 大戸川ダム建設凍結解除へ 6府県すべてが容認 治水効果の検証必須[ 2021/06/10 ]

記事全文

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を仲介しフードバンク団体へ寄付 

(株)クラダシ 長野県松本市の備蓄用飲料水を福島県のフードバンク団体へ寄付[ 2021/06/08 ]

記事全文

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船1隻にマイクロプラスチック回収装置を搭載

(株)商船三井ら3社 新造木材チップ船にマイクロプラスチック回収装置搭載 5隻目[ 2021/06/01 ]

記事全文

サントリーホールディングス(株) 水育「出張授業」オンラインでも 参加校募集始まる

サントリーホールディングス(株) 「出張授業」参加校募集始まる オンライン授業導入[ 2021/05/30 ]

記事全文

アンヴァール(株) 海水由来の水酸化マグネシウムの量産に向けた体制を強化へ

アンヴァール(株) 海水を利用した水酸化マグネシウムを量産へ 2021年度内に構築[ 2021/05/26 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR