アジア開発銀行 将来は、水不足の中での農業生産拡大が必須。画期的な対策と新技術が必要

[ 2010/10/16 ]


2010年10月16日から17日に新潟市で開催される「アジア太平洋経済協力会議(APEC)食料安全保障担当大臣会合」へ出席するため、アジア開発銀行のローレンス・グリーンウッド副総裁が15日に来日。副総裁はアジアにおいて気候変動に対応する食糧増産と貿易の拡大の重要性を主張した。


この主張の背景には、アジア開発銀行の調査報告の内容があると思われる。
その調査によると、アジアでは2030年までに食料需要が70から90%増加、現在においても深刻な水資源の問題が更に悪化する可能性を示唆している。そのためには、少ない水量で水資源を有効活用しつつ、多くの農産物の収穫を得るための灌漑(かんがい)システムの再生が必要という話だ。

アジア開発銀行
の国際水管理研究所によると、現在のアジア各地の灌漑システムは、水の生産性が低く将来的に生産者は、その利用をやめてしまうのではないかという懸念が提示されている。水資源は、都市化、産業化による使用量の増加。公害など汚染の可能性などのマイナス要因に囲まれている。更に、農業生産は温暖化などの気象変動にも備える必要がでてくる。

これに対応するには、早急に古い灌漑システムを見直し、より効率的な灌漑システムを構築することにより、農業生産を増加させる方法を模索すべきとしている。

研究は進んでいる。表層水を効率的に利用する、貯水方法の改善、また、灌漑計画の管理を強化するなどの運用面での改革の必要性も提示されている。同研究所では、アジア全体が、ひとつの解決策で、うまくいくとは考えてはいない。しかし、地域間の密接な協力と利害関係の調整、知識の共有が重要だと説いている。また、同研究所研究員は、限定された水利用の中で農業生産を拡大させるには、画期的な対策と新技術が必要であろうとも論じている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR