アジア開発銀行 将来は、水不足の中での農業生産拡大が必須。画期的な対策と新技術が必要

[ 2010/10/16 ]


2010年10月16日から17日に新潟市で開催される「アジア太平洋経済協力会議(APEC)食料安全保障担当大臣会合」へ出席するため、アジア開発銀行のローレンス・グリーンウッド副総裁が15日に来日。副総裁はアジアにおいて気候変動に対応する食糧増産と貿易の拡大の重要性を主張した。


この主張の背景には、アジア開発銀行の調査報告の内容があると思われる。
その調査によると、アジアでは2030年までに食料需要が70から90%増加、現在においても深刻な水資源の問題が更に悪化する可能性を示唆している。そのためには、少ない水量で水資源を有効活用しつつ、多くの農産物の収穫を得るための灌漑(かんがい)システムの再生が必要という話だ。

アジア開発銀行
の国際水管理研究所によると、現在のアジア各地の灌漑システムは、水の生産性が低く将来的に生産者は、その利用をやめてしまうのではないかという懸念が提示されている。水資源は、都市化、産業化による使用量の増加。公害など汚染の可能性などのマイナス要因に囲まれている。更に、農業生産は温暖化などの気象変動にも備える必要がでてくる。

これに対応するには、早急に古い灌漑システムを見直し、より効率的な灌漑システムを構築することにより、農業生産を増加させる方法を模索すべきとしている。

研究は進んでいる。表層水を効率的に利用する、貯水方法の改善、また、灌漑計画の管理を強化するなどの運用面での改革の必要性も提示されている。同研究所では、アジア全体が、ひとつの解決策で、うまくいくとは考えてはいない。しかし、地域間の密接な協力と利害関係の調整、知識の共有が重要だと説いている。また、同研究所研究員は、限定された水利用の中で農業生産を拡大させるには、画期的な対策と新技術が必要であろうとも論じている。


関連する記事

アーカイブス

アンドエレファント(株) 水のみで除菌清掃する「SteamGo」販売開始

アンドエレファント(株) 水で除菌清掃する「SteamGo」販売開始 量販店で (参照:日立 10月に高硬度水 [&he・・・

記事全文

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR