アジア開発銀行 将来は、水不足の中での農業生産拡大が必須。画期的な対策と新技術が必要

[ 2010/10/16 ]


2010年10月16日から17日に新潟市で開催される「アジア太平洋経済協力会議(APEC)食料安全保障担当大臣会合」へ出席するため、アジア開発銀行のローレンス・グリーンウッド副総裁が15日に来日。副総裁はアジアにおいて気候変動に対応する食糧増産と貿易の拡大の重要性を主張した。


この主張の背景には、アジア開発銀行の調査報告の内容があると思われる。
その調査によると、アジアでは2030年までに食料需要が70から90%増加、現在においても深刻な水資源の問題が更に悪化する可能性を示唆している。そのためには、少ない水量で水資源を有効活用しつつ、多くの農産物の収穫を得るための灌漑(かんがい)システムの再生が必要という話だ。

アジア開発銀行
の国際水管理研究所によると、現在のアジア各地の灌漑システムは、水の生産性が低く将来的に生産者は、その利用をやめてしまうのではないかという懸念が提示されている。水資源は、都市化、産業化による使用量の増加。公害など汚染の可能性などのマイナス要因に囲まれている。更に、農業生産は温暖化などの気象変動にも備える必要がでてくる。

これに対応するには、早急に古い灌漑システムを見直し、より効率的な灌漑システムを構築することにより、農業生産を増加させる方法を模索すべきとしている。

研究は進んでいる。表層水を効率的に利用する、貯水方法の改善、また、灌漑計画の管理を強化するなどの運用面での改革の必要性も提示されている。同研究所では、アジア全体が、ひとつの解決策で、うまくいくとは考えてはいない。しかし、地域間の密接な協力と利害関係の調整、知識の共有が重要だと説いている。また、同研究所研究員は、限定された水利用の中で農業生産を拡大させるには、画期的な対策と新技術が必要であろうとも論じている。


関連する記事

アーカイブス

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR