JST バケツ一杯の水で水中に生息するか魚の種類を分析する新技術を発表

[ 2015/08/10 ]


2015年7月22日、科学技術振興機構(JST)は水を調べることで、そこにどのような魚が生息するかが分る新技術を開発したと発表した。
(参照:神戸大学の教授 水のDNA分析でオオサンショウウオの生息域を調べる技術を発表

sasasa

Image from TANAKA Juuyoh (田中十洋)

この新技術は、千葉県立中央博物館の宮正樹主席研究員、東北大学、東京大学、沖縄美ら島財団、神戸大学、龍谷大学、北海道大学の研究グループにより開発されたものである。

これまで海や川などにどのような魚が生息するかを調べるには、実際に水中に潜りったり網で魚を捕るなど手間と時間が必要であった。また、実際に魚を観察しても、その種類が何であるかを特定するには、専門的知識と経験が必要とされていた。

今回の開発された新技術では、海や川から水をくみあげ、水中に放出されている魚の粘膜や糞などのDNAを分析することで、そのDNAを放出した魚を判定する。

分析は対象となる水域からバケツ1杯程度の水をくみ、それをろ過した後、DNAを分析するというものである。現在は参照できるDNAデータは5,000程度であるが、今後このデータが充実すれば、世界中の海や川での調査が可能になるという。

今回の技術の詳細は、JSTのホームページで確認することができる。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR