JST バケツ一杯の水で水中に生息するか魚の種類を分析する新技術を発表

[ 2015/08/10 ]


2015年7月22日、科学技術振興機構(JST)は水を調べることで、そこにどのような魚が生息するかが分る新技術を開発したと発表した。
(参照:神戸大学の教授 水のDNA分析でオオサンショウウオの生息域を調べる技術を発表

sasasa

Image from TANAKA Juuyoh (田中十洋)

この新技術は、千葉県立中央博物館の宮正樹主席研究員、東北大学、東京大学、沖縄美ら島財団、神戸大学、龍谷大学、北海道大学の研究グループにより開発されたものである。

これまで海や川などにどのような魚が生息するかを調べるには、実際に水中に潜りったり網で魚を捕るなど手間と時間が必要であった。また、実際に魚を観察しても、その種類が何であるかを特定するには、専門的知識と経験が必要とされていた。

今回の開発された新技術では、海や川から水をくみあげ、水中に放出されている魚の粘膜や糞などのDNAを分析することで、そのDNAを放出した魚を判定する。

分析は対象となる水域からバケツ1杯程度の水をくみ、それをろ過した後、DNAを分析するというものである。現在は参照できるDNAデータは5,000程度であるが、今後このデータが充実すれば、世界中の海や川での調査が可能になるという。

今回の技術の詳細は、JSTのホームページで確認することができる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR