横浜市水道局 飲料水の備蓄率を高めるためのキャンペーンを開始

[ 2015/09/19 ]


2015年9月15日、神奈川県の横浜市水道局飲料水備蓄を促進するためのキャンペーンを始めた。
(参照:神奈川県開成町 らせん水車を利用した少水力発電設備が完成

gggg

Image from 横浜市水道局のホームページ

横浜市水道局は、災害に備え「最低1人3日分で9リットル以上」の飲料水を備蓄するよう呼びかけている。

ただ横浜市水道局の調査では、家庭で「1人3日分で9リットル以上」の水を備蓄しているのは家庭で30パーセント程度、企業では25パーセント程度と低く、備蓄率を高めることが課題となっている。

をおこなっている。今回のキャンペーンでは、横浜市水道局が横浜市内の住民に対し通常は送料200円で販売している保存水「横浜水缶」を送料無料で販売する他、10箱購入ごとに1箱追加でプレゼントする。

なお今回のキャンペーンは、乳がんの早期発見等を呼びかける10月のピンクリボン月間にあわせ「ピンクリボンかながわ」と協働して行うもので、キャンペーン中は缶にピンクリボンロゴを表記したデザインの缶が販売される。

横浜水缶は、水で500ml入りの飲料水で。一箱24本入りで税込み1,800円。7年間保存できることが特徴だ。注文は水道局お客さまサービスセンター、045-847-6262となっている。詳細は横浜市水道局のホームページで見る事が可能だ。


関連する記事

アーカイブス

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

大手商社丸紅、ポルトガルに出張所を開設。水関連ビジネスを強化。

2017年5月29日、丸紅株式会社はポルトガルを拠点に、水関連ビジネスを強化、アフリカや南米などでの受注拡大を [&he・・・

記事全文

ナリス化粧品が開発製造した逆浸透膜処理水の需要が拡大。

ナリス化粧品が不純物を通さない逆浸透膜をいう超高性能のフィルラーで濾過した「純水』シトワを製造販売。健康関連や [&he・・・

記事全文

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR