目屋ダムが役割を津軽ダムへ引き継ぎへ

[ 2015/10/07 ]


2015年9月30日、青森県西目屋村の目屋ダムが、その役割を終え約55年の歴史の幕を閉じた。
(参照:湯田ダム クレストゲートからの試験放流を実施

meee
Image from 青森県のホームページ

目屋ダムは、洪水調節やかんがい用水の補給、発電の3つを目的として1960年3月に総工費約23億円をかけ完成した、堤高58メートル、堤頂長170メートル、総貯水容量3900万立方メートルのダムだ。

ただ目屋ダムは運用されていた55年の間に洪水調整を157回行っているが、ダム計画の想定を越えた出水が20回以上あった。また、目屋ダム周辺では2年に1度の割合で水不足が発生しており、ダムの規模の小ささが問題視されていた。

今後、これまで目屋ダムが担ってきた役割は、目屋ダムの直下流に建設している津軽ダムに引き継がれる。津軽ダムは堤高97メートル、堤頂長342メートル、総貯水容量1億4090万立方メートルのダムだ。

津軽ダムは2016年度の完成を目指しており、目屋ダムは津軽ダム運用開始に伴い湖へ沈むことになる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR