ナイル川流域9カ国会議、水流配分で対立激化

[ 2010/05/11 ]


アフリカ大陸を流れる世界最長の河川ナイル川の取水量をめぐって、上流域と下流域双方の諸国が満足するような水資源再分配の「より公正な配分」を目標に協議を行っていたが話し合いは決裂した。上流域の諸国はエジプトスーダン抜きの7カ国で新協定の調印を行うことを主張、流域9カ国の緊張感が高まっている。


ナイル川

世界最長の河川 ナイル川


上流域諸国(ブルンジ、コンゴ民主共和国、エチオピア、ケニア、ルワンダ、タンザニア、ウガンダ)は、エジプトとスーダン抜きで今月中旬にも新協定を結ぶと発表。新協定には水の安全保障や、ナイル川の水源を利用した新規プロジェクトを立ち上げる際の事前通知、プロジェクトの実施には流域国の同意がいること、エジプトとスーダンの歴史的権利の保護などは含まれていない。

背景には約半世紀前に結ばれた現協定があり、協定に基づきエジプトは総流量の半分以上に当たる年間555億m3、スーダンは185億m3の取水が認められている。古来からナイル川と共に歩んできたエジプトでは近年の急激な人口増の影響もあり、簡単には受け入れられない事情もある。

エジプトとスーダンは上流域諸国が両国抜きで合意に調印する流れに反対するとともに、対立点を解決するための協議を継続するとの構想を提案。一方、上流各国も「水が必要ならエジプトは上流国から買うべきだ」というケニアの主張を筆頭に、両者の溝は容易には埋まらなそうだ。



関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR