大日本印刷株式会社 従来より水の使用量を9割減らせるペットボトル用の無菌充填システムを開発

[ 2015/12/11 ]


2015年12月9日、大日本印刷株式会社は従来のシステムよりも水の使用量を9割減らせるペットボトル用の無菌充填システムを開発した事を発表した。
(参照:リンテック株式会社 水が浸透しにくいホワイトクラフト紙を開発

nnn111

Image from 大日本印刷株式会社のホームページ

ペットボトルはプリフォームと呼ばれる細長いペットボトルの原となるものを膨らませ、形を整えて内容物を充填するが、この充填の際、ペットボトルは清潔である必要がある。これまで、ペットボトルを清潔に保つために主に2つの方法が実施されていた。

一つ目は内容物を高温で充填し内容物の温度でペットボトル消毒する方法だ。この方法の採用にはペットボトル本体が高温に耐えられる必要があり、その分のコストが掛かる欠点があった。

2つ目はペットボトルを無菌水で洗浄し内容物を常温で充填する方法だ。この方法の採用にはペットボトルを洗浄するために多量の水が必要という欠点があった。

今回発表された方法は、ペットボトルに内容物を充填させる新たな方法となるもので、内容物を常温充填させる際に必要だった無菌水での洗浄の替わりに、プリフォームからペットボトルを形成する際に発生する余熱を利用する。これにより従来よりも水を9割削減して内容物を充填することができる。

日本印刷株式会社では、「今後もペットボトル用の無菌充填システムにおける環境対応強化を進め、飲料メーカーの環境負荷の低減活動を支援していきます。」とコメントしている。


関連する記事

アーカイブス

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR