味の素 「宴会・飲み会に関する実態調査」の結果を公表

[ 2016/01/17 ]


2016年1月12日、味の素株式会社のウェルネス事業部が「宴会・飲み会に関する実態調査」の結果を公表した。
(参照:味の素 熱中症対策 知識があっても対応は遅れがちになっていることが判明

gggg

Image from 味の素株式会社のプレリリース

この調査は年1回以上酒を飲む30~70代の男女500人を対象に、お酒の席で飲みすぎてしまうか、その後の体調の変化と体調を整えるための行動などを調査したものである。

調査の中で、「宴会・飲み会でつい飲みすぎてしまいますか」との問いには約46パーセントが「当てはまる」と回答し、また「宴会・飲み会の終了後もしくは翌朝、体調の変化がありますか」との問いにも約46パーセントが「当てはまる」と答えた。

続いて、どのような体調の変化を感じるかを複数選択で質問したところ、「口渇感(口が渇く)」が57.3パーセントと最も多く、次いで「体のだるさ」が56.4パーセント、「頭痛」が45.7パーセントと続いた。

そして、体調を整えるためにする行動について複数回答で質問したところ、「水を飲む」が59.2パーセントと最も多く、次いで「睡眠をたっぷり取る」が35.2パーセント、「スポーツドリンクを飲む」が21.2パーセントと続いた。

今回の調査では、飲酒後の体調不良から回復するために水やスポーツドリンクを意識的に取り入れている人が多い事が判明したが、味の素株式会社では「経口補水液」の摂取を勧めている。

二日酔いの一要因である脱水からの回復には、水分と一緒に塩分を摂取する必要がある。味の素株式会社が経口補水液を勧めるのは、経口補水液が水やスポーツドリンクよりも効率的に水と塩分を体に摂取できるよう設計された飲料水だからだ。

味の素株式会社は、必要に応じて経口補水液を取り入れることを「水活」とよび、水活を推進するとともに「水分補給の重要性と経口補水液」というサイトを開設し情報を提供している。


関連する記事

アーカイブス

観光庁 訪日外国人の受け入れ拡大を目指し水中アクティビティーに指針

観光庁 水中アクティビティーにガイドラインを策定 訪日外国人向けに (参照:(株)セキド 水中スクーター「SU [&he・・・

記事全文

(株)Pale Blue 水の超小型統合推進システムがJAXAの実証テーマに選定

(株)Pale Blue 水の推進システムがJAXAの実証テーマに選定 実証機に搭載へ (参照:(株)島津製作 [&he・・・

記事全文

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR