味の素 「宴会・飲み会に関する実態調査」の結果を公表

[ 2016/01/17 ]


2016年1月12日、味の素株式会社のウェルネス事業部が「宴会・飲み会に関する実態調査」の結果を公表した。
(参照:味の素 熱中症対策 知識があっても対応は遅れがちになっていることが判明

gggg

Image from 味の素株式会社のプレリリース

この調査は年1回以上酒を飲む30~70代の男女500人を対象に、お酒の席で飲みすぎてしまうか、その後の体調の変化と体調を整えるための行動などを調査したものである。

調査の中で、「宴会・飲み会でつい飲みすぎてしまいますか」との問いには約46パーセントが「当てはまる」と回答し、また「宴会・飲み会の終了後もしくは翌朝、体調の変化がありますか」との問いにも約46パーセントが「当てはまる」と答えた。

続いて、どのような体調の変化を感じるかを複数選択で質問したところ、「口渇感(口が渇く)」が57.3パーセントと最も多く、次いで「体のだるさ」が56.4パーセント、「頭痛」が45.7パーセントと続いた。

そして、体調を整えるためにする行動について複数回答で質問したところ、「水を飲む」が59.2パーセントと最も多く、次いで「睡眠をたっぷり取る」が35.2パーセント、「スポーツドリンクを飲む」が21.2パーセントと続いた。

今回の調査では、飲酒後の体調不良から回復するために水やスポーツドリンクを意識的に取り入れている人が多い事が判明したが、味の素株式会社では「経口補水液」の摂取を勧めている。

二日酔いの一要因である脱水からの回復には、水分と一緒に塩分を摂取する必要がある。味の素株式会社が経口補水液を勧めるのは、経口補水液が水やスポーツドリンクよりも効率的に水と塩分を体に摂取できるよう設計された飲料水だからだ。

味の素株式会社は、必要に応じて経口補水液を取り入れることを「水活」とよび、水活を推進するとともに「水分補給の重要性と経口補水液」というサイトを開設し情報を提供している。


関連する記事

アーカイブス

WOTA(株) 環境省創設「環境スタートアップ事業構想賞」受賞

WOTA(株) 第1回環境スタートアップ大賞「環境スタートアップ事業構想賞」受賞 (参照:WOTA 自律分散型の水循環型・・・

記事全文

秋田県 水の効率化を図った発電 水力発電用新型水車の実証実験をスタート

秋田県 水力発電用新型水車の実証実験をスタート 水量効率化のため (参照:新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験・・・

記事全文

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR