全国農業協同組合連合会 リン鉱石の代替原料として下水汚泥活用。新たな水ビジネスへ展開可能か

[ 2010/10/25 ]


全国農業協同組合連合会(全農)出資の民間企業が、下水汚泥をリン代替原料として活用する実証試験に成功した。この成功を受け、下水汚泥の再利用、リンの自給率向上などの新たな水ビジネスへの発展が視野に入ることとなった。

この実験は、千葉県下水処理場から排出される下水汚泥の焼却灰を化学反応させることで、リン代替原料が抽出できたという。
下水汚泥に含まれるし尿は多くのリンを含有していることから、以前より、下水汚泥からリンを抽出する試みはなされていた。
2008年には、全国農業協同組合連合会が、下関三井化学、東芝などとの研究により、下水汚泥からのリン回収率を高めることに成功したニュースがあった。今回の千葉県での下水汚泥からのリン回収は、その延長線上における実験ではないかと思われる。

今回の実験は一応の成功とのことであるが、汚泥を排出する処理場によっては、基準値より多い鉛を含むことがありまだ課題は残る。ただし、この課題も研究が進めばクリア可能なものだという。現時点では、千葉県側として正式に事業化するかどうかは未定とのことだが、今後も実用化に向け、継続して協力するとのことである。

リンは農業生産に欠かせない肥料原料となる。しかしながら、ほぼ100%を海外からの輸入に依存しているのが現状である。昨今の食料自給率の向上の声が大きくなっている中、農業の根本を成立させる肥料の状況についても理解する必要があるだろう。

今後、この技術が確立し、リン鉱石の代替化が可能となれば、それは下水汚泥を活用した新たな水ビジネスを生み出すということにもなると思われる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR