Microsoft 海中にデータセンターを設置する「Project Natick」を発表

[ 2016/02/12 ]


2016年2月1日、米Microsoftが海中にデータセンターを設置し運用を目指す「Project Natick」を開発していることを明らかにした。
(参照:三菱電機 海水をアンテナにする技術を開発したと発表


uuu

Image from noriko

データセンターを海水に設置できるようになると幾つかの利点が生まれる。その一つ目はデータセンターの省エネ化だ。データセンターを運営するには、サーバーを稼動させるための電力の他に、サーバー稼動で生じた熱を冷やすための電力が必要になる。

現状では、この冷やすための電力がデータセンターの省エネを阻んでいる。しかしデータセンターを海中に設置すれば海水がサーバーを冷却してくれるので必要な電力を抑えることができる。

2つ目の利点はデータセンターを人々の活動地域の近くに置けることだ。人口の多い都市は海に近い場所にある事が多く、その海に設置することでデータ伝送の遅延(デイテンシー)を少なくできる。

また海中に設置することで、海流や潮力を利用した再生可能エネルギーの利用も検討できるという。「Project Natick」では、既にサーバーを収めたコンテナを水中に設置し約3ヶ月の試験運転が完了しており、現在は引き上げたコンテナを分析している。今後はさらに大きなコンテナを使って試験を行う予定だ。


関連する記事

アーカイブス

日立 国内の上下水道向け水処理機械設備の新設・更新事業を子会社に譲渡

(株)日立製作所 水処理機械設備の新設・更新事業を(株)日立プラントサービスに譲渡 (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

道立総合研究機構工業試験場 地下水からの採熱実証試験を本格スタート

道立総合研究機構工業試験場と当別町 地下水からの採熱実証試験を開始、地下熱の普及を目指す (参照:日立 10月 [&he・・・

記事全文

アスクル(株) 「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

アスクル(株) オリジナル天然水「LOHACO Water」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (参照:(株 [&he・・・

記事全文

首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献

東京「地下神殿」 台風19号による河川の氾濫対策に貢献 (参照:インド 大雨や洪水の対策に日本の首都圏外郭放水 [&he・・・

記事全文

神戸学院大学とブルボン 「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ

神戸学院大学とブルボン 兵庫県の協力を得て「ひょうごBOSAI天然水」共同開発、商品化へ (参照:福光屋 日本 [&he・・・

記事全文

河川環境楽園オアシスパーク 水中探検「水中ドローンアドベンチャー」をスタート

河川環境楽園オアシスパーク 水中の魚が見られる「水中ドローンアドベンチャー」をスタート (参照:(株)チック  [&he・・・

記事全文

葉山町 町管理施設でペット飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置へ

神奈川県葉山町 町管理施設でペットボトル飲料販売廃止 ウォーターサーバー設置 (参照:ヒルトン名古屋 マイボト [&he・・・

記事全文

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会「水の恵みカード」発行

宮崎 大淀川右岸地区管理体制整備推進協議会 天神ダムの「水の恵みカード」発行 (参照:国土交通省琵琶湖河川事務 [&he・・・

記事全文

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を使ったオリジナル日本酒「あさぎ」を発売

(株)プリンスホテル 「南魚沼のおいしい湧き水」を仕込み水に使った日本酒「あさぎ」を発売へ (参照: 福光屋  [&he・・・

記事全文

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリをリリース

(株)日本トリム 整水器業界初 健康セミナー体験ARアプリ「日本トリム」をリリース (参照:日立 10月に高硬 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR