千葉市教育委員会 プールの栓閉めの水道料金440万円を教諭らで全額弁済したと発表

[ 2016/03/02 ]


2016年2月28日、千葉市教育委員会プールの給水口の栓を閉め忘れ約440万円の水道料金を請求されていた問題について、小学校の教員らが全額弁済したと発表した。
(参照:都立高校 プールの排水バブルを開けたまま給水して1,600メートル以上の水を無駄にする

PPPP
Image from Brian Cantoni

この問題は2015年7月から8月にかけて18日間、千葉県中央区の市立小学校でのプールの給水口の栓を閉め忘れ、大量の水を流失されたもので、水道局から約440万円の料金を請求されていたものだ。

この問題については、校長らから水道代を弁済する意思が示されていた。対応策について千葉市教育委員会は、職務上の損失を私費で補填する是非も含め検討したが、最終的には校長、教頭、栓を閉め忘れた教諭の三人が支払うとの申し入れを受け入れる形となった。

弁済は今月19日に完了しており、負担割合は3分の1ずつだという。千葉市教育委員会は三人を厳重注意した。なおこの問題に関しては、児童・保護者には直接関わるものではないため学校名の公表は行わない方針を示している。


関連する記事

アーカイブス

袋に土の代わりとして水を入れ土のうの代わりとして使える画期的な新商品、「水のう君」。モニター募集。

2017年6月7日、株式会社総合サービスは、袋に水を入れるだけで、「土のう」の役割を果たす新商品「水のう君」の [&he・・・

記事全文

サントリー「オランジーナ」シリーズから「フレンチスパークリング」を新発売。

2017年6月5日、サントリーが「オランジーナ」ブランドから新商品の「フレンチスパークリング」を発売すると発表 [&he・・・

記事全文

大手商社丸紅、ポルトガルに出張所を開設。水関連ビジネスを強化。

2017年5月29日、丸紅株式会社はポルトガルを拠点に、水関連ビジネスを強化、アフリカや南米などでの受注拡大を [&he・・・

記事全文

ナリス化粧品が開発製造した逆浸透膜処理水の需要が拡大。

ナリス化粧品が不純物を通さない逆浸透膜をいう超高性能のフィルラーで濾過した「純水』シトワを製造販売。健康関連や [&he・・・

記事全文

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR