武庫川にアユの卵48万個を確認 今後もアユ復活を目指し環境整備へ

[ 2010/10/31 ]


2010年10月20日に実施された兵庫県宝塚土木事務所の調査によると、西宮尼崎の市境界線を流れる武庫川の下流域で48万3千個のアユの卵が確認された。これは昨年の累計が200個から大きく増加している。



同事務所によると、10月中旬から川底に堆積したヘドロを除去するなど河川環境の整備を行ってきたという。今回のアユの卵の増加はこの成果ではないかと見ている。

そもそも武庫川はアユが大量に採れた川であり、上流ではアユ漁も盛んに行われていた。しかし年々漁獲量は減少し、昭和の終わりにはアユ漁は廃業に追い込まれていた。

今回、48万3千個の卵が見つかったのは河口近くの下流域だが、それだけではなく今年の5月には、河口か15kmから下流域にいたる14の観測地点で1700匹のアユが確認されている。これは例年の17倍に相当する数となる。

武庫川漁業協同組合によると、5年前からアユの復活を目指し海産系のアユを放流してきている。今年の春には約1万匹を放流しているという。

県もアユを武庫川のシンボルフィッシュとし、河川の整備を行っている。脱ダムの流れの中、河川計画を進め、治水対策として河口から5kmの川底を1~2mほど掘り下げる工事を行う。また、アユの遡上を妨げる河口近くの潮止ぜきを撤去するとのことだ。

専門家によると、今でも川の規模に比べればアユの数は少ないという。ただ今後の県の方針によって、アユが武庫川で復活する可能性も高いという。


関連する記事

アーカイブス

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR