経産省の水ビジネス国際展望研究会、中国やインド、アジアの水ビジネスへ

[ 2010/05/05 ]


日本経済産業省が設置した水ビジネス国際展望研究会(座長:伊丹東京理科大教授)では第3回研究会を開催し、日本の水ビジネス産業の今後の展望、中国やインドなど新興国東南アジアへの対策などを発表しました。

水ビジネス国際展望研究会では、世界の水市場は2007年では36.2兆円、2025年には86.5兆円になると予測しており、日本の水処理技術や製品、上下水道の運営ノウハウなどを活かし官民上げて海外市場に展開しようとしています。

同研究会は人口の増加や経済発展・工業化の進展の著しい中国やインド、東南アジア諸国に注目し、今後水処理に関する需要が高まると予測しています。

インドは世界の人口の16%である11億人もの人がひしめく大国ですが、水源はわずか4%しかないとか。上水の普及率は70%で下水はわずか30%程度、高い経済成長率に促され、今後さらに水ビジネス関連の市場も伸びると考えられています。
とはいえ、インド国内での水道管理は主に州政府が行っており、州ごとの規制や地域間紛争、不明確な責任の所在など、海外からの市場参入にはいくつかの障害がありそうです。


関連する記事

アーカイブス

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

鳥繁産業 大分県立看護科学大と共同で医療用除菌水の商品化を目指す

大分県産学共同で医療用除菌水の商品化を目指す (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御 [&he・・・

記事全文

JR前橋駅 自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅に

JR前橋駅 水をテーマとした自然環境に優しい駅「エコステ」モデル駅へ (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR