経産省の水ビジネス国際展望研究会、中国やインド、アジアの水ビジネスへ

[ 2010/05/05 ]


日本経済産業省が設置した水ビジネス国際展望研究会(座長:伊丹東京理科大教授)では第3回研究会を開催し、日本の水ビジネス産業の今後の展望、中国やインドなど新興国東南アジアへの対策などを発表しました。

水ビジネス国際展望研究会では、世界の水市場は2007年では36.2兆円、2025年には86.5兆円になると予測しており、日本の水処理技術や製品、上下水道の運営ノウハウなどを活かし官民上げて海外市場に展開しようとしています。

同研究会は人口の増加や経済発展・工業化の進展の著しい中国やインド、東南アジア諸国に注目し、今後水処理に関する需要が高まると予測しています。

インドは世界の人口の16%である11億人もの人がひしめく大国ですが、水源はわずか4%しかないとか。上水の普及率は70%で下水はわずか30%程度、高い経済成長率に促され、今後さらに水ビジネス関連の市場も伸びると考えられています。
とはいえ、インド国内での水道管理は主に州政府が行っており、州ごとの規制や地域間紛争、不明確な責任の所在など、海外からの市場参入にはいくつかの障害がありそうです。


関連する記事

アーカイブス

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

防災科学技術研究所 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験

防災科学技術研究所と一条工務店 「耐水害住宅」降雨施設で公開実験 (参照:四日市市 応急給水栓として水供給でき [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート

長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活用した実証実験をスタート NTT東日本が協力 (参照:(株)Rist AI [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR