全国で水道管の老朽化が進む 全体の6.2%が耐用年数超え

[ 2010/05/12 ]


日本水道協会の調査で、全国の上下水道管の老朽化が進み総延長の6.2%にあたる約38000キロが既に40年の法定耐用年数を過ぎていることが判明した。厚生労働省によると、被害が100世帯以上に上った大規模な漏水事故は埼玉県加須市や宮城県岩沼市など、2008年度までの過去3年間で年20回弱と目立ち始めている。

上下水道が本格的に整備されたのは1970年代。今後一斉に更新をせまられるが、低成長や人口減などによる水需要の低迷で、地方自治体の水道事業経営は苦戦をしいられている。現在、水道管の更新は年間で総延長の約1%しか進んでいない状況。10年後に2割、20年後には4割の水道管が耐用年数を過ぎたまま使われると見られ問題は深刻だ。

水は災害時のライフラインとして非常に重要な役割を担うため、厚生労働省は一定の条件化で最大半分までの費用を国が負担するとしているものの、財政は前年度と同水準をキープするだけでギリギリの状況。事業のスリム化を推進すると共に住民も何らかの負担をしていかなくてはならないという意識が必要になりそうだ。


関連する記事

アーカイブス

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR