【コラム】釧路の未来のこどもに何が残せるか?vol.2 ワンダグリンダ・プロジェクト

[ 2010/11/02 ]


※当記事は、水資源などの環境問題をアートというフィルターを通し、釧路市の環境、景観美化への意識を高める『釧路ウォーターアートプロジェクト』代表の吉田勝幸様よりご提供いただいています。

釧路湿原野生生物保護センター

今年10月1日から名古屋で「生物多様性条約会議(COP10)」が開催されました。
生物多様性とは、あらゆる生物種の多さと、それらによって成り立っている生態系の豊かさやバランスが保たれている状態を言い、さらに、生物が過去から未来へと伝える遺伝子の多様さまでを含めた幅広い概念です。

北海道は野生生物の宝庫ですが、現在絶滅のおそれがある野生生物は661種います。その中で釧路はシマフクロウやタンチョウ鶴が多く生息しています。

シマフクロウの餌はサケやアメマス、ウグイ等の魚類です。よって魚が豊富に生息している河川や湖沼の周辺部で暮らします。タンチョウも営巣・育雛の場として湿地が極めて重要になります。開発がすすみ、森林や魚の獲れる河川が減少すると一気に絶滅に加速がかかり、生態系が変わってしまいます。その流れを食い止めているのが、環境省管轄のビジターセンターです。釧路湿原野生生物保護センターでは湿原などの開発の規制等を行い、豊かな自然を守る役割を果たしています。

私たちの団体『釧路ウォーターアートプロジェクト』も、釧路湿原野生生物保護センターがとりまとめをしているワンダグリンダプロジェクトに登録することになりました。「ワンダグリンダ・プロジェクト」は、釧路湿原自然再生普及行動計画の愛称です。  日本で一番大きな湿原「釧路湿原」では2005年から自然再生事業が行われています。行政、市民、有識者など多くの人が釧路湿原自然再生協議会に参加し、湿原保全のための方法を話し合い実施しています。気候の問題で開発されずに残ってきた湿原を次の世代までしっかり残す事を、釧路市民皆で行動したいと思います。


※当記事は、水資源などの環境問題をアートというフィルターを通し、釧路市の環境、景観美化への意識を高める『釧路ウォーターアートプロジェクト』代表の吉田勝幸様よりご提供いただいています。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR