【コラム】釧路の未来のこどもに何が残せるか?vol.2 ワンダグリンダ・プロジェクト

[ 2010/11/02 ]


※当記事は、水資源などの環境問題をアートというフィルターを通し、釧路市の環境、景観美化への意識を高める『釧路ウォーターアートプロジェクト』代表の吉田勝幸様よりご提供いただいています。

釧路湿原野生生物保護センター

今年10月1日から名古屋で「生物多様性条約会議(COP10)」が開催されました。
生物多様性とは、あらゆる生物種の多さと、それらによって成り立っている生態系の豊かさやバランスが保たれている状態を言い、さらに、生物が過去から未来へと伝える遺伝子の多様さまでを含めた幅広い概念です。

北海道は野生生物の宝庫ですが、現在絶滅のおそれがある野生生物は661種います。その中で釧路はシマフクロウやタンチョウ鶴が多く生息しています。

シマフクロウの餌はサケやアメマス、ウグイ等の魚類です。よって魚が豊富に生息している河川や湖沼の周辺部で暮らします。タンチョウも営巣・育雛の場として湿地が極めて重要になります。開発がすすみ、森林や魚の獲れる河川が減少すると一気に絶滅に加速がかかり、生態系が変わってしまいます。その流れを食い止めているのが、環境省管轄のビジターセンターです。釧路湿原野生生物保護センターでは湿原などの開発の規制等を行い、豊かな自然を守る役割を果たしています。

私たちの団体『釧路ウォーターアートプロジェクト』も、釧路湿原野生生物保護センターがとりまとめをしているワンダグリンダプロジェクトに登録することになりました。「ワンダグリンダ・プロジェクト」は、釧路湿原自然再生普及行動計画の愛称です。  日本で一番大きな湿原「釧路湿原」では2005年から自然再生事業が行われています。行政、市民、有識者など多くの人が釧路湿原自然再生協議会に参加し、湿原保全のための方法を話し合い実施しています。気候の問題で開発されずに残ってきた湿原を次の世代までしっかり残す事を、釧路市民皆で行動したいと思います。


※当記事は、水資源などの環境問題をアートというフィルターを通し、釧路市の環境、景観美化への意識を高める『釧路ウォーターアートプロジェクト』代表の吉田勝幸様よりご提供いただいています。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省「ダムを見に行こう(秋号)」発刊

国土交通省は9月、平成25年6月以降第23回目となる「ダムを見に行こう(秋号)」を発刊した。 (参照:東北整備 [&he・・・

記事全文

滋賀 茨城ほか3県で「湖沼水環境保全に関する自治体連携」設立 世界湖沼会議で

滋賀県や茨城県を含む5県で水環境保全のため「湖沼水環境保全に関する自治体連携」を設立、世界湖沼会議で発表予定 [&he・・・

記事全文

長野原町役場、八ッ場ダム建設で消えゆく町の景色を動画とフリー素材で後世へ

長野原町役場、ジモフルやぱくたそと提携し、八ッ場ダム建設で消える町の姿を動画とフリー素材で後世へ残す (参照: [&he・・・

記事全文

JAXA、はやぶさ2「リュウグウ」にロボット投下を発表 水の存在を探る

JAXA、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」に小型着陸機MASCOTを投下したことを発表。「リュウグウ」で [&he・・・

記事全文

ソニー、水中でも音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発売

ソニーが水中でも音楽が楽しめる防水防じん機能搭載のワイヤレスイヤホンを「WF-SP900」10月27日に発売す [&he・・・

記事全文

全清飲、清涼飲料水の賞味期限表示を年月表示へ自主ガイドライン策定

2018年9月27日、全清飲が清涼飲料水の賞味期限表示を従来の年月日表示から年月表示へ切り替える自主ガイドライ [&he・・・

記事全文

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR