兵庫県立大と山口大 水の環境DNAの分析で魚の個体数と生物量を把握する調査方法を確立

[ 2016/10/17 ]


2016年9月29日、兵庫県立大学は、山口大学の研究グループと、汲んだ水の環境DNAを分析することでアユの個体数と生物量を把握することができる調査方法を確立したと発表した。
(参照:NASA 木星衛星「エウロパ」から水とみられる液体の噴出を観測

ayu

Image from TANAKA Juuyoh (田中十洋)

河川で魚類の定量を知るには、潜水して目視で行うことができるが、この方法では多大な時間とコストがかかり効率的ではなかった。今回、確立された調査方法では、河川から1リットルの水を採取し、それに含まれる生物のフンや体から解け出た環境DNAを解析し、個体数を推定する。

兵庫県立大学は、この解析から導き出された個体数と、実際に目視調査で確認された個体数とを比較する研究では、両者には高い相関関係があることが判明したとし、今後この技術は生物調査や河川の水産資源管理等にも応用できる可能性があるとした。


関連する記事

アーカイブス

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

オプテックス株式会社、水の濁りを測定する「低濁度チェッカー」を発売

オプテックス株式会社、飲み水レベルの濁りを測定できる、結露防止機能搭載の「低濁度チェッカー」を発売 (参照:株 [&he・・・

記事全文

タイ、旧正月を祝う水掛祭り「ソンクラン」で新年を祝う

タイ、4月13日から旧正月を祝って行われる水掛祭り「ソンクラン」で新年を祝う。 (参照:郡上発!水出しコーヒー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR